2015年06月15日

家根合めだか保全池












2015年6月15日(月)

庄内町家根合(かねあい)地区にあるめだか保全池。
話に聞くと1999年に始まったほ場整備の際、
余目一小の生徒が用水路に住むメダカの救出活動を行い地元住民や町、
県までを巻き込んだ保全活動のきっかけとなったらしい。

その後地区内には別に落合にも保全池が作られ、
2003年に地元農業者たちがNPO法人「家根合生態系保全センター」を設立。
2007年以降は同NPOが池で増えたメダカを稲の生育期間中に田んぼへ戻し、
メダカが住める安全安心なコメ作りの取り組みを開始した。

今日私が行ったところでは、
小さな生まれたばかりのメダカを広い池のなか、
何か所でも発見することができた。

また、大きな看板にもあったが、
昔ながらのフナやコイ、タナゴ、タモロコ、ドジョウなども住んでおり、
私にとっては数十年昔にタイムスリップしたような気分になった。
実際ゴエビなども確認することができうれしいばかりだった。

あとはこの状況をどのように維持していくかが課題だろう。
地元住民、NPO法人の方はもとより子供たちも含めた自然を守る大きな輪が広がってほしい。

  


Posted by めだかの親分 at 16:12Comments(0)メダカ

2015年03月23日

動くヒメダカ



(クリックで拡大画像表示)

2015年3月23日(月)

我が家で飼っているヒメダカ。
思えばあの3月11日、それまで飼っていた大量の熱帯魚は、
停電で暖房(ヒーター)がストップし一匹残らず死んでしまっていた。

諦めきれない私はその夏からメダカを飼いはじめて、
卵を孵化したりしながら楽しんでいる。

今では外に置きっぱなしでも死なない丈夫なメダカとなっていたが、
いかんせん今度は野鳥の襲撃を受けていた。
カエルの卵を産み付けられ大量のおたまじゃくしの棲家になったりもした。

昨年の秋、さすがに冬越しは難しいと思い、
車庫の片隅に水槽を置き雪だけは降らないようにした。

おかげで今年春、また産卵の準備を始めているようだ。
ころころとして元気いっぱいである。
水草があるおかげで隠れる場所もある。
元気な卵をいっぱい生んで欲しいものだ。



こちらは白メダカ。
残念ながら一匹しか生き延びていない。


  


Posted by めだかの親分 at 18:13Comments(0)メダカ

2012年09月03日

めだかの成長






今年生まれたメダカたち。
続々生まれるため、まだ生まれたばかりのちっちゃいものもいます。
しかし、今年一番最初に生まれたメダカはこんなに大きくなりました。

メダカ水槽(発砲スチロール)に産み付けた卵付きホテイアオイを移動させること5度。
そのたびに小さな稚魚がちょこちょこ増えて行きました。
親メダカとはまったく別の水槽には今や数十匹の子メダカたち。

先日、じーっと見ていたらいつの間にかオタマジャクシも入ってました。
カエルが卵を産んだのでしょうか。
さっぱり気が付きませんでした。
それが、昨日無事小さな青ガエルになって飛跳ねていました。

小さくて写真に撮れませんでしたが、
まだ尾が少し残る青ガエルを久しぶりにみました。

子メダカ水槽の中にも大小様々な大きさのメダカがいますが、
小さな生まれたての子メダカはしっかり葉の陰に隠れたりしています。

いつまで見てても飽きないメダカたち。
今年は雨が降らないので、時々シャワーのように水を補充しています。
それだけでどんどん大きくなっていきます。

  


Posted by めだかの親分 at 09:41Comments(3)メダカ

2012年05月25日

めだかの引っ越し

今日は遅番勤務。
朝からようやくできためだかの新居へ引っ越し作業をしていました。

20数匹いためだかを捕まえるのは大変!
ようやく全員捕まえて新しい住家へ移動完了です。





さっそく細かいエサを与えたところうにょうにょ出てきました。
だいぶ大きくなりました。

一部はすでに車庫のガラス水槽へ引っ越ししていましたが、
発砲スチロールへホテイアオイなどを入れた住家の方が安定しているようです。





最後に網戸の網で作った虫よけ、蛙よけ、鳥よけ、猫除けのカバーをしておしまいです。


ところで、今まで住んでいた室内の発砲スチロール箱の片付けをしようとしたら、
なんと、今年生まれたばかりのめだかが数匹泳いでいました。
大きいめだかばかりに目を奪われて、小さなめだかなんか気づきもしませんでした。
なんぼか住み心地がよかったのでしょうね。
いやいや、隠れる場所が多かったからかな。
おそらくもっと生まれているのでしょうが、見えません。

これは片付けるわけにはいかないなぁ。

しばらくこのままにして、少し大きくなったら引っ越ししましょうか。

  
タグ :めだか


Posted by めだかの親分 at 10:42Comments(0)メダカ

2012年04月28日

めだかの住家

発泡スチロールの箱で冬籠りをしていたメダカですが、
そろそろ水槽に移しても良い季節となってきました。





朝、エサをあげようと近づくとわらわらと寄ってきますが、
普段はどっかに隠れているメダカ。

写真を撮ろうと近づくと全く見えなくなります。
どうにかじっと我慢して撮りました。

何とか20数匹元気いっぱいです。







水槽に準備をしている梅花藻(ばいかも)。
まだ水温が16~7度程度ですから活発に育ちはしませんが、
こちらの水槽にもそろそろヒーターを入れてメダカの住家にしようとしています。

水合わせやらペーハーの調整やらはこれからです。
今住んでいる水をそのまま使うつもりですが、
水量が足りませんから何とかメダカがびっくりしない程度に水合わせをしましょう。

水温の変化にはあまり強くないメダカです。


ところで、昨年晩秋に入れておいた『ホテアオイ』はどこに行ったのやら。
もう少しすると発泡スチロールの底の当たりから現れるのかな?




  


Posted by めだかの親分 at 07:08Comments(4)メダカ

2011年11月09日

めだかの冬支度

水槽で飼ってきためだかの冬支度をしました。

発砲スチロールの入れ物に移動させました。
ガラスの水槽よりはるかに保温できます。
隠れる場所も水草で作りました。





黒いのは水草(ホテイアオイ)の根です。

ヒメダカがいっぱい、元気に泳いでいます。

ぶくぶくをほんの少しだけ出しています。
水温は20度に調整していますが、
ホテイアオイが生き残ってくれるか見ものです。

少しでも生き延びれば、また来年も増えるでしょうね。



今日はこれから天童・山形へお出かけです。
寄り道して藤丸さんとこへも行きます。
お天気は良さそうですね。





[今日の一句]はお休みします。

  


Posted by めだかの親分 at 07:27Comments(3)メダカ

2011年10月03日

水槽清掃の貝

メダカを飼っている水槽に貝が大繁殖しています。

今年の春から一度も水換えをしていませんが、
汚れもなくきれいなままです。

たにしが藻や苔を掃除してくれるのは知っていますが、
たにしほど大きくありませんし、見た目もちょいと違います。


(クリックで別窓)

熱帯魚を飼っていたときも、
石巻貝(いしまきがい)を入れて苔取りをしてもらっていましたが、
たしか石巻貝は汽水域でしか繁殖しないはず。

どうにもわかりませんが、とにかく水槽中あちこちに、
この貝がくっついています。

別に悪さをしているようすもなく、
このままでいいのでしょうが、
保温もしていませんから現在水温は17度です。

メダカを飼育するのが目的なのに、
現在主役はこの貝!

せめて名前がわかれば何とかなるんですが・・・
まだ5mmくらいしかありませんから、
もう少し大きくなるまで様子をみましょう。  


Posted by めだかの親分 at 19:53Comments(4)メダカ

2011年09月30日

わが家のメダカ

長年熱帯魚の飼育をしてきましたが、
3月の大震災のときの停電で保温ができず、
全員お亡くなりになりました。

4月からは保温のいらないメダカに切り替えて飼育しています。



はじめは白メダカと緋メダカがいましたが、
白メダカがこの夏の暑さでダウン!
今は緋メダカだけです。

メダカって種類が多いんですよ。
白メダカに黒メダカ、青メダカに緋メダカ・・・・・・

小さい頃から川や田圃で泥まみれになりながら、
生き物を追いかけてきた私のささやかな楽しみです。


  


Posted by めだかの親分 at 18:45Comments(2)メダカ