2016年10月04日

芒(すすき)と風と






2016年10月4日(火)

今日はお天気はいいが風がかなりあった。
それでも気温が上がってかなり暑く感じた。

風に吹かれて我が家の庭にある芒(すすき)が、
右に左に大きく揺れていた。

母が仏花用に植えた葉に斑(ふ)が入っている芒は、
どんどん大きくなってお月見には格好の高さになっている。

今では面倒で誰も構わないまま大きくなってしまった芒。
仏花は毎月の月命日に花屋さんから求めてくる。

せっかく仏花用にと植えられている菊などもみんなほったらかしである。
日常の忙しさに紛れてしまった結果は雑草ぼうぼうの庭になっている。




  


Posted by めだかの親分 at 17:06Comments(0)自然

2016年10月02日

夕焼けの鳥海山

【酒田市飯盛山地区から】

(クリックで拡大画像表示)

【酒田本港から】

(クリックで拡大画像表示)


2016年10月2日(日)

仕事が終わって夕方行った飯盛山と酒田本港から撮った鳥海山。
夕焼けが当たってすっきりした鳥海山がお化粧をしていた。

この時期夕焼けが美しくなるのは湿度の関係からだろうが、
仕事が忙しかったり、私生活が忙しいと見る暇もなく時が流れてしまう。
注意をしている人だけが見ることのできる美しさだ。

そしてこんな景色を見ることができるのは健康だからだ。
今更ながら2年前手術したことで今がある自分が不思議な感覚になる。

毎日ではないがときにこんな景色を見ることができると、
うれしくて写真に撮りたくなる。
そんな気持ちがずっと続いてくれればいいなと思う。





  


Posted by めだかの親分 at 17:38Comments(0)自然

2016年10月01日

きのこの大群










2016年10月1日(土)

昨日行った庄内空港の緩衝緑地公園。
砂地の林の中には見知らぬきのこの群れがあちこちに見られた。

あまりきのこの種類を知らない私は危険なものへは一切近寄らない。
せいぜいなめこかシイタケくらいしか知らないきのこ音痴である。

少し地味だからだいじょうぶかな?なんて思わない。
写真にだけ撮って見晴らしの良い高台から南に見える高館山を眺めた。

風はほとんど無かったが気温が上がらず肌寒い日だった。
遠く高館山の上にある数本のアンテナが良く見えていた。







  


Posted by めだかの親分 at 08:06Comments(0)自然

2016年09月29日

赤い夕焼け雲








2016年9月29日(木)

今日は午前中ずっと雨。
それも激しい降りの雨が延々と続いた。

ところが午後になるとすっかり上がって、
青空が見えてきた。

明るい太陽の光が見えたときのまぶしさは、
久しぶりにみた太陽のような気持ちになった。

気温も上がらず20度を少し越えただけで、
少し肌寒く長袖シャツがちょうどよい天候だった。

夕方になると真っ赤な日差しが空に浮かぶ雲を照らし出した。
あちこち写真に収めたが電線が邪魔をしてどれもまともには撮れなかった。

二枚目の写真の黒い点はねぐらに帰るカラスの群れだ。


  


Posted by めだかの親分 at 18:02Comments(0)自然

2016年09月28日

雨降りの宮海海岸




2016年9月28日(水)

朝からの雨がようやく上がってきた。
真っ黒い雲が一面覆ってずいぶん激しい雨だった。

酒田市宮海海岸は夏には海水浴場だった面影もなく、
ひっそりと波が打ち寄せていた。

遠く黒い雲が水平線まで続いている。
日中でも薄暗くて遠くは霞むようにしか見えない。

風もなく波は穏やかなのに、
空の色が海に写りこんでどこを見ても暗い色ばかりだ。




  


Posted by めだかの親分 at 13:26Comments(0)自然

2016年09月27日

月光川河川敷から鳥海山




2016年9月27日(火)

昨日散策した遊佐町月光川河川敷に広がる遊歩道からの鳥海山。
ぎらぎらした夏の太陽は影を潜め、
今は穏やかな日差しがほんのりとさしてくる。

ゆっくりと遊歩道を歩いて行くと、
トンボの大群が次から次と足元から飛び立つ。

驚かすつもりはないが、
勝手に危険を察知して飛び立つ。

ずんずん歩いて行くと、
月光川からサギがバサバサと飛んでいく。
鴨の群れもぱたぱたと飛び立つ。

静かな月光川河川敷のひとときだった。


  


Posted by めだかの親分 at 08:43Comments(0)自然

2016年09月25日

秋の色彼岸花色トンボ色






2016年9月25日(日)

昨日仕事が終わってから散歩した酒田市八幡地区、
荒瀬川の堤防にはいろんな花が咲いている。

秋の代表彼岸花(曼珠沙華)が真っ赤に群生していた。
葉もなくいきなり地中から飛び出してきた茎。
その先に真っ赤な花をつけている。

そのすぐそばでは赤とんぼが静かに息をひそめていた。
赤とんぼの後ろにあるのは稲刈りまじかの稲穂色だ。

秋の色は赤と黄色と少しの緑。
まだまだこれからが秋の本番。


  


Posted by めだかの親分 at 08:02Comments(0)自然

2016年09月23日

秋の雨模様




(クリックで拡大画像表示)


2016年9月23日(金)

朝から雨降り。
何とか止んだようだが東山の方はまだ暗いまま。

写真は一枚目が東平田方面。
二枚目は田沢、松山方向。

朝からお出かけしたが皆さん出勤途中で、
危ない車がいっぱいいた。

秋の雨は冷たいものが多い。
今朝の雨も肌寒い空気が、冷たく濡れた稲穂を包んでいた。




  


Posted by めだかの親分 at 09:46Comments(0)自然

2016年09月21日

初秋のにいだ川








2016年9月21日(水)

昨日までの寒さから一変して今日は穏やかな一日だった。
気温も上がって心地よい陽射しが差してきた。

にいだ川岸辺にある遊歩道を歩いて鳥海山を見た。
すっかり夏色は無くなりちらほらと秋の色になっていた。

こんな風景を見ているとと本当に落ち着く。
いつまでもこんな風景が残っているといいなとは思うが、
そう簡単なことではない。

これからどんどん桜の葉も秋色に染まってゆく。
そしてすっかり葉が散り終わるといよいよ冬が近づく。


  


Posted by めだかの親分 at 17:27Comments(0)自然

2016年09月21日

雨の日の夕焼け




2016年9月21日(水)

昨日の夕方は雨降りだったが、
西の空を見るとしっかりと夕焼けが見えていた。
それも燃えるような夕焼け。

短時間の夕焼けだったが、
何だか久しぶりに夕焼けを見たような気がした。

年を取ると時間の進むのが早いと言うが、
こんな美しい情景を見ていると、
あながちそんなこともないぞと思う。

そんなに早く進まれては困るときだってあるのだ。


  


Posted by めだかの親分 at 08:01Comments(3)自然

2016年09月19日

秋雨効果




2016年9月19日(月)敬老の日

昨日降った雨がこれほど温度を下げるとは思わなかった。
半袖でいると肌寒くて昨日は仕事にならず作業着を着ていた。

今日も昨日に引き続いて寒い。
日差しはほとんど出ずに、曇り空が一面を覆っている。

写真は近所にいる豆柴犬。
名前はわからないが、私を見ても吠えることはない。
いつも見慣れた顔だからかそれとも安心しきっているのか。
着替えを持たないワンちゃんも大変な季節だ。

今日は敬老の日。
この気温を過ごしやすいと言うのか、
それとも肌寒いと感じるのかわからないが、
老人にとって季節の変わり目は危険な匂いがする。



  


Posted by めだかの親分 at 12:40Comments(0)自然

2016年09月09日

秋めく日向川河口








2016年9月9日(金)

遊佐町比子白木の丘の上から見た日向川河口。
そして遠く北方面に見える秋田県境の三崎地区。

時々広々としたこんな地平線の見えるところにきたくなる。
夏が終わりようやくほっと気の緩むこの時期。
西からの風がかなり強かったが、心地よく感じる。

誰もいないこの風景。
しばらく立ったまま大きな白波を見ていた。


  


Posted by めだかの親分 at 17:07Comments(0)自然

2016年09月08日

北青沢トンネルと大俣川










2016年9月8日(木)

酒田市八幡地区を流れる荒瀬川の上流に行くと、
大俣川と名前を変えて清流が豊かな水を流している。

青沢集落を過ぎるといくつもの橋を渡って北青沢トンネルに着く。
ここはかなり新しいトンネルでなかも照明が明るく灯る。

私も仕事の関係で何度もここへは来たことがあるが、
大俣川は橋の上からしか見たことがない。

一度降りてみたいなとは思いつつかなりの高度で降り口も見つからなかった。
写真は北青沢橋からの眺めだが、秋の紅葉時期にはとても美しい光景となるのだろう。

ところで、このトンネルの先には小さなトンネルが二か所と、
暗くて狭い青沢トンネルがあって、そこを抜けると真室川地内となる。
これから秋に向けてキノコ狩りや紅葉狩りなどで賑わう。



  


Posted by めだかの親分 at 08:02Comments(2)自然

2016年09月05日

青い空と白い雲と


(クリックで拡大画像表示)




2016年9月5日(月)

今日も34度を超えた酒田市だった。
とんでもない暑さだなと毎日思うが何とか我慢しながら生きている。

思い切り汗を流すと全身がぐっしょりとなる。
よくこんなに汗が出るものだと思うが、
汗を中にため込むと汗疹(あせも)になったりすると言う。
今年の私は皮膚は何でもなく過ごしている。

ところで今日の空の色があんまりきれいだったので、
つい何枚か空の写真を撮った。

一枚目は酒田市ゆたか地区から鳥海山を写した。
二枚目は八幡地区産直たわわの裏から写した。

どちらも空の青ともくもくとした雲の白のコントラストがきれいだ。
ゆっくりと空をみている時間もいいなと思う。


  


Posted by めだかの親分 at 17:46Comments(0)自然

2016年09月02日

鳥海山象潟口から県境




2016年9月2日(金)

鳥海山の秋田県側、象潟口(鉾立ほこだて)から、
山形県境まで約30分ほど心臓リハビリを兼ねて秋の山を堪能してきた。

下界は晴れて気持ち良い一日だったようだが、
山の上は雲が多くときおりひんやりする風が吹いていた。

赤とんぼが群れ飛び、
あちこちにまとわりついてくる。

ブルーラインを駆け上り山形県側の大平山荘を横目に、
鉾立に着いたのは11時を回っていた。

飲物とカメラをバックに入れて、
階段を登り始める。











この階段登りが意外ときつい。
さっさと行こうと少し早く登ると途中で顎があがる。
じっくりとゆっくりと歩を進める。

ようやく見えてきたのは展望台だ。
展望台にもとんぼがいっぱいいて出迎えてくれていた。



(クリックで拡大画像表示)


展望台から見る頂上方向だが、
残念ながらガスがかかって良く見えなかった。
奈曽渓谷のはるか下方に目をやるとかすかに水の流れが見えた。

展望台の右側をまた歩き出す。













見晴らしの良い尾根道をぐんぐん登り高度を稼ぐ。
下りはまったくなく上りばかりの登山道である。

写真を撮りながらそしてときどき休みながら山形県との境にきた。
ここまで約1km。
私の足では40分ほどかかったが通常は30分ほどだろうか。

ときどき下山してくる年配者が何人か通り過ぎたが、
みなしっかりとした登山姿だった。

一番最後の写真は遥か後方に日本海が見える。
尾根道だから見ることのできる気持ちの良い登山道である。


時間はまだまだあったのだから、
もう30分歩いて賽の河原まで行くことも出来たが、
まだ今の私には体力に自信が持てない。

ここまでの40分ほどで身体中の汗が噴き出たようで、
全身びっしょりとなった。
帽子のつばから汗が滴り落ちてきていた。

もう一度今度は紅葉の始まったころに登りたいと思っている。




  


Posted by めだかの親分 at 17:54Comments(6)自然

2016年08月31日

晴れても濁流の最上川




(クリックで拡大画像表示)


2016年8月31日(水)

今日午後3時の最上川最下流部。
日本海へと流れ込むところを写したが、
こんなに濁流が流れ込んでいるとは思わなかった。

波もまだまだ収まらず南突堤へかなり強く押し寄せている。

空は青空、反対側の酒田本港を鳥海山を背景に見てみると、
何と穏やかな秋空だろうか。

眩しいくらいの光景となっていた。









  


Posted by めだかの親分 at 18:22Comments(2)自然

2016年08月29日

色濃き湯野浜海岸


(クリックで拡大画像表示)


2016年8月29日(月)

酒田市から海岸沿いに国道112号線を走る。
残念ながら海は見えないが鶴岡市湯野浜の入口にくると、
ご覧のような標識が現れる。

右に行けば海岸に出て湯野浜からそのまま由良(ゆら)方面へと向かい、
左に曲がれば大山、三川方面へとつながる。

海を見たくて右へと進路を変えた。





湯野浜の海水浴場はもちろんすでに終了し、
それでも遊んでいる若者が十数名いた。
太平洋から入ってくる珍しい台風のせいか風が強い。







湯野浜温泉街を通過したところで駐車して写真を撮った。
ちょうど鳥海山と海と湯野浜温泉のビル街が一望できる貴重な場所だ。
残念ながら鳥海山は雲に隠れていたが、
海の色と空の色、そして雲の形がバランスよく撮ることができた。

これからは秋の行楽シーズンに向かう。
磯釣りはこの辺でもかなり盛んで、小物釣りでも結構楽しむことができる。

今年は一度も竿を振らずに終わりそうだが、
来年は少し頑張ってみようかと思っている。

  


Posted by めだかの親分 at 18:12Comments(0)自然

2016年08月29日

秋めく山里




(クリックで拡大画像表示)


2016年8月29日(月)

昨日行った遊佐町杉沢地内。
一枚目は褄坂(つまざか)近くの山の上から色づいてきた田んぼを写す。
二枚目は下流域から杉沢集落を入れて鳥海山を写した。

まだまだ暑さは続いているが、
ところどころに秋の気配を感じる。

何しろ風の冷たさを感じるようになってきた。

誰とも会うことのないドライブだったが、
所々で車を停めて大きく息を吸うと、
澄んだ空気が肺に入っていくのがわかった。

トンボがふわふわと飛んでいる。
ススキの穂が風に揺れている。





  


Posted by めだかの親分 at 08:15Comments(0)自然

2016年08月28日

鳥海山三神の湧水








2016年8月28日(日)

初秋の清々しい一日。
とは言え少し気温が上がって汗ばむ。

遊佐町三ノ俣にある「さんゆう」に行ってきた。
やはり日曜ともなればお客さんはかなり多く、
車も数台停まっていた。

湧水を汲みに次から次と車が訪れる。
終わったと思うとまた別のお客さんが訪れる。

湧水の汲み口の左側に新たに小さな立札ができていた。
この汲み口のできた経過が簡単に掲載されていた。

こんな案内板でも無いよりはずっとよい。
ついでに水の検査結果でもあればもっと良いがそれはお金がかかって、
無理なのだろうか。

  


Posted by めだかの親分 at 16:59Comments(0)自然

2016年08月26日

暗雲漂う田んぼ道


(クリックで拡大画像表示)


2016年8月26日(金)

酒田市東平田地区からの帰り道、
真っ黒い雲が目の前に横たわっている。

雷でもなるのだろうか?
変な期待をしながら通過したが、
強い雨が降っただけで雷はならなかった。

台風が立て続けに来て、
来週もまた台風の影響で雨と風が強くなりそうだという。

ここ数年山形県の庄内地方はほとんど台風の影響を受けていない。
今年こそは当たり年になるのだろうか。

果樹や稲などの収穫に影響が出なければいいが、
少し心配をしながら真っ黒い空を眺めていた。




  
タグ :台風暗雲


Posted by めだかの親分 at 17:24Comments(0)自然