2016年07月24日

プレミアムニュータウン新橋3丁目






2016年7月24日(日)

酒田市街地を流れるにいだ川の遊歩道を歩いていると、
先日から酒田市立第二中学校向かいのグランドで工事が始まっていた。

ここは天真高校のグランドでサッカーの試合や、
その昔にはソフトボールや弓道の練習などもやっていた。

にいだ川のすぐそばにある大きなグランドは、
何も建物が建っていないことから冬になると西風がもろに二中に当たることで、
毎年暴風防雪柵が作られていた。


このグランドは不要になったのだろうか。
スカッと売り払って「プレミアムニュータウン新橋3丁目」となって、
新しい街となることが決まったらしい。

全108区画の大規模プロジェクトと銘打って、
大々的に売り出されることになった。







にいだ川向かいの跨線橋から写すと桜の大木の隙間から遠く二中が見えている。
グランド脇の遊歩道に咲く大きなアメリカフヨウが風に大きく揺れていた。




  


Posted by めだかの親分 at 08:05Comments(0)生活

2016年07月22日

ゆりんこの百合の花






2016年7月22日(金)

花の名前がそのまま施設の名前になった「八森温泉ゆりんこ」。
酒田市八幡地区を流れる荒瀬川のすぐそばに建てられてこの8月で早や20年になる。

しかし今この施設はジェットバスの工事中で8月5日まで休業している。
時々荒瀬川の散策で訪れると、
せっかく訪問したのにそのままUターンして帰ってしまうお客さんを良くみる。
気持ちの良い温泉に入ってゆったりしたい人は本当に多い。

この休業中のゆりんこの前に咲く百合の花。
昨年も一面百合の花で満開の時期にきたが、
今年もそろそろ満開になろうとしていた。

再営業するのは8月6日。
もうしばらく温泉のお預けは続く。






  


Posted by めだかの親分 at 08:04Comments(0)生活

2016年07月16日

羽越線JR本楯駅












2016年7月16日(土)

昨日行った酒田市本楯(もとたて)地区にあるJR本楯駅。
梅雨だというのに青空が広がって逆光がまぶしかった。

西側が田んぼのこの駅は、
涼しい風が吹いて心地よい気持ちになることができた。

ちょうど入ってきた列車をいっしょに写したが、
車掌さんが早く乗ってとこっちを見ていた。


  


Posted by めだかの親分 at 10:32Comments(0)生活

2016年07月10日

鳥居のない神社?


(クリックで拡大画像表示)


2016年7月10日(日)

酒田市八幡地区、酒田市下草津辺りにある大きな銀杏の木。
秋には黄色の葉が目印になるほどの大きな銀杏である。

この銀杏の木の脇にある建物はいったいなんだろうか。
確か以前大きな幟が建っていたのを見た記憶があるが何だったか。

最近この建物の前を通るたびに何か飾られていたのを見ていた。
作りから言って吊るし飾りではないだろうか。









石碑などがあり、脇には祠(ほこら)などもある。
見た目には神社のような造りになっている。
しかし、肝心の鳥居が見えない。

はて、鳥居のない神社などあるのだろうか。

今度この前を通ったら隣の家の人にでも聞いてみようか。




  


Posted by めだかの親分 at 08:03Comments(0)生活

2016年07月07日

雨降りの出羽大橋


(クリックで拡大画像表示)


2016年7月7日(木)

昨日は朝から晩までずっと雨降り。
それも本降りが長く続くうっとおしい一日だった。

それでも外の空気を吸いに最上川河口に行ってみたが、
やはり横殴りの風と雨に遮られて車の窓を開けることもできなかった。

ようやく外を写すことができたのは、
出羽大橋そばの土手の上からだった。

遠く宮野浦側が霞んで見える。
そのくらい強い雨が降っていたということである。

ウミネコが河川敷に避難していた。
相当な数のウミネコがいたが雨は容赦なく降っていた。
写真はとてもじゃないが撮ることはできなかった。

  


Posted by めだかの親分 at 08:04Comments(0)生活

2016年06月30日

庄内空港から高館山


(クリックで拡大画像表示)


2016年6月30日(木)

昨日暑い中歩きすぎたからか今朝起きることができなかった。
身体を起こすとめまいがして吐き気までする。

それでも我慢して起きていると寒気が続き、
大粒の汗が噴き出した。

また横になってしばらくすると落ち着いて楽になるが、
起き上がるとまためまいが始まる。

午前中月命日の和尚さんとお話ししたが、
終わってからまた横になった。

午後3時頃何とか起き上がって医者に行き、
とうとう点滴をするはめになった。

何年か前に罹ったことのある熱中症と全く同じ症状。
たいした暑くも感じなかったが、身体は正直に反応しているのだろう。

写真は先日行った庄内空港緩衝緑地からみた高館山方面。
アンテナがいっぱい見えるのが高館山だ。

涼し気な風景を見ながら癒されようか。


  


Posted by めだかの親分 at 21:05Comments(0)生活

2016年06月25日

中山みどりフェルトアート展




(クリックで拡大画像表示))


2016年6月25日(土)

6月18日から酒田市美術館で開催されている「中山みどりフェルトアート展」。
いつもはウィークデーに伺う私だが、
今回は今日の土曜日訪問した。

さすがに土曜日だけあって会場の酒田市美術館はかなりの人出。
やはり女性や子供たちが多く、私のような男性ひとりはほとんどいなかった。

入口近くには写真が写せる場所があって、
さっそくかわいいワンコちゃんを写させていただいた。
本物そっくりなワンコちゃんがとても愛らしい。

中に入るとさらに多くの作品であふれていた。
私のお気に入りは、
落花生をかじっているハムスターを後ろからいたずらしようとしている猫ちゃん。

とてもかわいくて思わず抱きしめたくなるような二匹だったが、
これは写真撮影不可だった。





フェルトアート展は来月の24日まで開催予定。
まだまだ期間があり、
7月23日には中山みどり氏によるフェルトアート講習会が開かれ、
7月24日にはギャラリートーク&サイン会が企画されている。

本物そっくりのかわいい動物たちを、
もう一度鑑賞しにいこうと思っている。



  


Posted by めだかの親分 at 17:22Comments(0)生活

2016年06月13日

四季の森「しらい自然館」








2016年6月13日(月)

昨日行った遊佐町白井新田にある四季の森「しらい自然館」。
交流体験型の宿泊施設になる。

利用料金は一般で5800円~、高校生・大学生が5000円~。
小中学生が2600円~でどれも一泊二食付きである。

昔私も良くここを利用して同世代の連中と遊んだ記憶がある。
登山の宿泊場所として利用したことはないが、
その頃は団体じゃないと利用できないと思っていたのだろうか。

この近くにある一の滝、二の滝や胴腹の滝、高瀬峡に行くには、
とても良い場所にある。

それに蕎麦打ち体験や農業体験などもできる施設が準備されている。
そんなに大げさじゃなく、竹とんぼを作ったり木工細工をしたりすることもできる。
なかなか楽しい体験型の宿泊施設となっている。

昨日私が通りかかったときも女子高生たちだろうか、
楽しそうな笑い声がキャンプ場脇の野外施設から聞こえてきた。











  


Posted by めだかの親分 at 19:00Comments(0)生活

2016年06月08日

あまるめ植木・金魚まつり




2016年6月8日(水)

第47回あまるめ植木・金魚まつりが今日から始まった。
さっそく会場のアピア駐車場に行ってみたが、多くのお客さんがきていた。

NHK放送局でもカメラを回して取材をしており、
私はひっそりと見えないようにシャッターを切っていた。

今日から始まったまつりは土曜日には空くじなしの抽選会が行われる。
500円お買い上げごとに抽選券が配布され楽しみが増加する。

いつも金魚のお店を出している西袋の金魚屋さんも来ており、
庄内町特産の振袖金魚(庄内金魚)が多く見られた。















  


Posted by めだかの親分 at 18:23Comments(0)生活

2016年05月24日

庄内町清川を歩く




2016年5月24日(火)

今日は酒田を離れ、庄内町清川地内を散策。
清河八郎記念館に車を置かせていただき、
ぐるっと一回りしてきた。

写真はJR清川駅だが、
タイミングよく電車が入ってきた。





JRの線路を挟んで向こう側には開削400年の北楯大堰が勢いよく流れている。
歓喜寺もこの堰の向こう側にあった。





暑かった今日だが、ひととき水の流れを見ていると心和んだ。
何しろこの水路を流れているのは立谷沢の奥から流れてくる月山の水である。

この時期水量が多く地域の田んぼへの用水ともなっている。
いにしえの人々の知恵が今に生きている。



清河八郎記念館は以前一度だけ訪問したことがあったが、
ほとんど記憶はない。

その後多くのテレビドラマや歴史小説などで清河八郎の功績を知ったが、
残念ながら今でもあまり親近感はない。

少しだけ勉強をしようと入館してみた。
暑い外とは違いなかはヒンヤリして心地よかった。



  


Posted by めだかの親分 at 18:30Comments(0)生活

2016年05月20日

ぱしふぃっく びいなす号











2016年5月20日(金)

酒田祭りの本祭りの日。
いつもは立ち入り禁止の酒田北港古湊ふ頭。
春の日本一周クルーズで立ち寄った「ぱしふぃっく びいなす号」。

酒田祭りへはバスがしっかり送り迎えをしていた。
そして地元の物産などをテントで歓迎。
酒田市、遊佐町、庄内町などそれぞれに工夫がされていた。

だたっぴろい港のほんの一部。
心地よい風が吹いていた。

豪華客船は窓のなかのレースのカーテンも豪華そのもの。
さすがに大きい。


  


Posted by めだかの親分 at 17:55Comments(0)生活

2016年04月22日

笹薮へ突入



(クリックで拡大表示)


2016年4月22日(金)

昨日午後から行った酒田市湯野台地区。
登山道脇の南高ヒュッテは古くからの山小屋。

昨日は南高ヒュッテのはるか手前の登山道。
ようやく残雪が残り少なくなりつつある笹薮の状況を見に行った。

あちこちでウグイスの囀りが聞こえてきた。
今年は早そうだなと思いつつ藪に入った。

しかし、笹竹の竹の子はまださっぱり見えていなかった。
かろうじてキクザキイチゲや水芭蕉の花がきれいに咲いていた。

例年5月の連休前には一度竹の子を採っていたが、
昨年一昨年は手術の関係で採れないでいた。

今年こそ採りたいと思っていたが、
少し気が早かったようだった。






体調が悪いこともあってあまり無理はできないが、
何とか一食分だけでもと思っている。
近々またトライしてみよう。



  


Posted by めだかの親分 at 08:03Comments(0)生活

2016年04月19日

にいだ川桜ライトアップ実験









(3枚ともクリックで拡大画像表示)

2016年4月19日(火)

昨日見かけた酒田市内を流れるにいだ川に浮かぶ屋形船。
私も一度乗りたいなと思いながら、なかなか乗る機会がない。

花見の時期である今、
川面から見る桜も風情があってさぞかし美しいだろう。
昨日は青空を見ることはできなかったが、
それでも流れる花びらが繋がってとてもみごとだった。

ところで酒田郵便局向かい側で行っている桜ライトアップの実験。
⑥と⑦のライトアップがよほど良かったらしく、
シールがあふれていた。

私にはそんなに違いはないと見ていたが、
やはりしっかり見る人もいるものだと思う。

この結果をもとに来年以降どんなライトアップになるのか、
今から楽しみでもある。


  


Posted by めだかの親分 at 08:02Comments(0)生活

2016年04月16日

ピロリ菌除菌




2016年4月16日(土)

昨年受けた人間ドックの結果、
胃の精密検査を受けることになった。
先日その結果が出たがピロリ菌の疑いがあるとの結果だった。

それでなくても朝昼晩と大量の薬漬けになっている私。
血液サラサラの薬を減らしながらの除菌が始まった。

今日で三日目だがどうも身体の具合が悪い。
昨日などは遅番勤務ということもあって支障は出なかったが、
午前中朝食を食べてからしばらく横になっていた。

朝から元気が出ない。
そしてやる気も出ない。

今日は土曜日で人と会わなければならない約束もある。
それにしても体調が悪い。

このブログももう長くはないな、と思いながらの投稿となっている。




  


Posted by めだかの親分 at 08:06Comments(2)生活

2016年04月01日

クロカンコースに的当てゲーム










2016年4月1日(金)

お天気の良かった昨日の夕方、
酒田市光ヶ丘にあるクロスカントリーコースを歩いていると、
何か見慣れない看板があった。

「松ぼっくり的当て(まとあて)」なる目立つ色彩の看板だった。
すぐ近くの松陵小学校の3年生が自らデザインしたものらしい。

ウォーキングの方々も「肩のストレッチ」をして親しんでいただきたいと書いてあった。
投げるのはどこにでもある松ぼっくり。
投げ方によってはあちこちに曲がってなかなか難しい。

コースの2ヵ所に設置されていた。

そういえば酒田市広報3月11日号に、
酒田市クロスカントリー大会中止の文字があった。
これまで長年親しまれてきたクロスカントリー大会だったが、
やはりこのコース内で怪我人が出たことで安全が確保できないと判断したのだろう。

広くもないコースを思い切り走って競争をする選手と、
ウォーキングを楽しむ人たちとはおのずと気構えが違ってくる。

私などはカメラ片手に野鳥観察を目的に歩いているが、
時には後ろから走ってくる中学生や小学生に恐怖を感じることもあった。

松ぼっくり的当ては私のようなのんびり歩くものにとっては、
本当に貴重な遊び心を発揮できる場所になる。

松陵小学校の生徒さんには感謝感謝の気持ちがいっぱいである。


  


Posted by めだかの親分 at 08:10Comments(4)生活

2016年03月18日

卒業証書授与式




2016年3月18日(金)

春らしくぽかぽかした陽気の中で浜田小学校卒業証書授与式が行われた。
卒業生は40名。
みな中学生の学生服に身を包み凛々しくそして晴れ晴れと、
式に参加していた。

一昨日が中学校の卒業式、そして昨日が高校入試の結果発表。
今日は小学校の卒業式と立て続けに学校行事が行われるこの時期。

来月始めの入団式、入学式が終わるまでまだまだ続く。

スポーツ少年団に関わってもう30年以上になるが、
毎年のように節目の時期には心がはらりとするときがある。
今日の卒業式でも野球スポ少団員が6名いて、
入ったばかりの小さかった頃を思い出しながら、
成長した姿を重ね合わせて感慨に耽ったりした。

お別れの歌に選ばれた、
在校生の「あなたにありがとう」、卒業生の「旅立ちの日に」、
そして全校生で歌った「さよなら友よ」はぐっと胸に来るものがあった。




  


Posted by めだかの親分 at 11:23Comments(0)生活

2016年03月15日

酒田市ゆたか地区交差点




2016年3月15日(火)

寒い一日だった。
風が冷たく、日差しはあっても気温は上がらないまま夕方になった。

写真は夕方の酒田市ゆたか地区の交差点。
赤信号で止まっている間に撮ったが、奥の暗い空がわかるだろうか。

手前は日差しがあってとても明るいが、
奥の山脈は真っ暗くまるで雨でもふっているような風景になっている。

春の雰囲気はどんどん増してきていてもやはりまだ寒い。
こんな気温は今日までで明日からは暖かな空気が入ってくる予報だ。

明日を楽しみに今日はおとなしくしていよう。


  


Posted by めだかの親分 at 18:34Comments(0)生活

2016年03月15日

地下道にも春光




2016年3月15日(火)

昨日散歩した途中の酒田市東泉町と泉町を結ぶ地下道。
上はJR羽越本線の鉄路が走っている。

冬の間湿気で暗い雰囲気だった地下道にも春の光が差し込んでいる。
歩くのも軽快になるような明るい雰囲気が漂っている。

昨日は新井田川を上流へ向かって歩き、
酒田市ゆたかにあるロックタウンまで行ってみた。
その後泉町経由で東泉町から駅東、旭新町と歩いた。
約1時間半の行程だった。

冬の間歩くと寒さからあちこちに痛みが走ったが今日は何でもなかった。
やはり暖かいだけでこれだけ違うのだと改めて考えさせられた。

汗が噴き出すように流れた。
歩いてこんなに汗を流すなんて何ヵ月ぶりだろうか。
気持ち良い散歩となった。

そして午後からの仕事に出かけて、
ようやく帰ってきたのは午後10時近くだった。

だいぶ疲れたが心地よい疲れが襲ってきて眠りについた。

そして今日は午前9時半からの仕事だ。






  


Posted by めだかの親分 at 08:03Comments(0)生活

2016年03月09日

ピンク電話




2016年3月9日(水)

とある酒田市内の体育館に置かれてあるピンク電話。
インターネットなどでピンクで想像するのはいかがわしい画面だが、
この電話機は昔懐かしい10円玉使用のみの卓上型簡易公衆電話。

昔はよくあったが、
最近は居酒屋でも探すのが困難な希少価値の電話機だ。
もちろんNTTのレンタル物品だから勝手に処分などできないし、
持って帰ることもできない。

小学生にこれが何だかわかるかな?と聞いたことがある。
とたんに「はてなマーク」の顔になった。

電話機だよと言うと、どうやって電話するの?と言うから、
受話器を取ってダイヤルを回した。

あぁそうか今の電話機はみんな押しボタン式なのだ。
見たことも無い電話機だから当然知らないはずだ。

ちなみに先月も先々月も一度も使われた形跡がないそうだ。
中学生も小学生も使う体育館だが、
もう無用の長物(むようのちょうぶつ)になったのだろうか。

何とも生活様式の変化に驚いたり呆れたりすることが多過ぎる。



  
タグ :ピンク電話


Posted by めだかの親分 at 11:39Comments(0)生活

2016年03月04日

月光川大橋








2016年3月4日(金)

山形県飽海郡遊佐町、鳥海山の懐(ふところ)に抱かれるようにある月光川大橋。
昭和49年、それまでのつり橋が撤去されこの橋に架け替えられた。

上流部にある金俣集落内の三の俣地区から通う小学生が、
増水するたびに学校に行けなくなったと言う。
ようやく増水しても平気な橋が誕生した。

バックに鳥海山を配置しての赤い橋の眺めは、
一年中楽しむことができるが、今回は月光川ダムを背景にした。

最近では上流部にある湧水が有名になり、
県内外からの訪問客がひっきりなしにこの橋を通るようになった。




ところでこの「月光川」はなんと読むのか尋ねられることが多い。
町内では当たり前になっているが「がっこうがわ」と発音する。

同じ鳥海山系で流れるすぐお隣の川「日向川」は「にっこうがわ」。
月の光と日の光ではない。
日に向かうと書いて日向川なのだ。

何かしらの云われがあって地名となることが多いのだが、
果たしてこの日向と月光はどんな云われがあるのだろうか。



  


Posted by めだかの親分 at 16:05Comments(0)生活