2016年09月14日

初秋の眺海の森




2016年9月14日(水)

久しぶりに酒田市松山地区にある眺海の森に行ってきた。
雲が多くなかなか日差しが出てくれなかったが、
心地よい風が吹き高原は秋の雰囲気いっぱいだった。

ここ眺海の森のてっぺんには宿泊施設さんさんがあり、
その昔は外山(とやま)ロッジなる合宿所のような宿泊所もあった。

眺望点から最上川と日本海の眺めを見ると、
本当に美しいと感じる。
そして黄色に染まった庄内平野が輝いて見えた。










最後の写真トノサマバッタは5cmをはるかに超える大きなバッタ。
こんなに大きく立派で美しいバッタは久しぶりに見た。


  


Posted by めだかの親分 at 17:16Comments(0)酒田十景

2016年09月14日

豊里方面万里の松原




2016年9月14日(水)

酒田市ゆたか地区から豊里方面を写した。
松林が酒田市西部に広がりその中を万里の松原の径が続いている。

この防風防砂の松林が完成するまで、
相当な年月が費やされて今がある。
その保全を続けて小学生から大人まで地道な活動が続いている。

何の変哲もない景色ながら、
いろいろな思いが胸を過る(よぎる)瞬間がある。

豊里と言えば豪農の農民の多いところ。
稲穂が重く頭(こうべ)を垂れ始めた。
もうすぐ稲刈りが始まる。


  


Posted by めだかの親分 at 08:04Comments(2)酒田十景

2016年09月08日

雨上がりの酒田本港








2016年9月8日(木)

台風から変わった低気圧のせいか朝からどんより。
午後からはいよいよ雨が降り出し、一時は本降りとなった。

それも4時頃には上がり雨上がりの酒田本港を写した。
ウミネコの幼鳥が飛んできては物珍しそうにこちらを見ていた。

この幼鳥たち、おそらく飛島で今年生まれたものだろう。
酒田本港周辺ではウミネコの繁殖を見ることはまずない。

白くなったウミネコの目はやはり怖いと思う。
白粉(おしろい)を付けた女性のように目がとても目立つ。

暑かった残暑も一息というところか。
少しずつ涼しくなりつつある。


  


Posted by めだかの親分 at 17:19Comments(0)酒田十景

2016年08月27日

幟はためくみなと市場






2016年8月27日(土)

今日は気持ち良く晴れ上がった。
先日までの晴れとは違い風が冷たく秋のような風情だった。

夜になるとこおろぎの鳴き声が聞こえて、
いよいよ秋なのかなと感じてしまう。

朝からの仕事が終わって酒田本港に行ってみた。
6周年を迎えたみなと市場は幟(のぼり)が風にはためき、
いかにも賑やかな感覚になるが、
実際は夏休みも終わって人通りは少なくなっている。

それでもこの幟を見ているだけで楽しくなる。
いろんな幟は人の気持ちを高ぶらせてくれる。


  


Posted by めだかの親分 at 17:32Comments(0)酒田十景

2016年08月18日

酒田福徳稲荷神社例大祭










2016年8月18日(木)

昨日と今日は酒田市駅前にある福徳稲荷神社の例大祭だった。
歩いても15分ほどのところにあるお稲荷さんで小さいころは良く行っていたところだ。

昔懐かしいお稲荷さんの祭りを見てきた。

手作りの提灯がうれしい。
何人もいないがまだ子供会は存在する。

早食いバトルはプリン早食い、かき氷早食い、スイカ早食い、焼きそば早食い、
などがあってとても楽しい気分になる。
ラムネの早飲みもあるが慌てると飲めない。

恒例の歌の夏祭りにはなかなか観客が集まらなかったが、
それでもコミカルな司会の楽しいお話しで次第に盛り上がっていった。













  


Posted by めだかの親分 at 21:07Comments(0)酒田十景

2016年08月17日

にいだ川増水




(クリックで拡大画像表示)


2016年8月17日(水)

太平洋側を進む台風7号の影響で、
昨夜から雨が降っている。
特に今朝方は激しい雨が続いた。

こんなに激しい雨は久しぶりだ。
乾燥しっぱなしの土にはうれしい雨だが少し激しすぎる。

にいだ川に行ってみると大鯉やら小魚がうれしそうに水面を騒いでいた。
このにいだ川は底流を海水が上がってくる。
だから川に棲む魚たちは雨が降るとうれしい。

にいだ川から分岐する幸福川ができる以前のにいだ川は、
こんなに雨が降るとすごい増水量だった。
今はほとんどそんなことはない。

また雨が激しくなってきた。
久しぶりに家の中でゆっくりしている。



  


Posted by めだかの親分 at 12:55Comments(0)酒田十景

2016年08月14日

酒田灯篭まつり




2016年8月14日(日)

酒田市一番町にある大通り緑地公園で開催されている「酒田灯篭まつり」。
以前はにいだ川に流していた灯篭流しだったが、
趣向を変えて今では灯篭まつりとして開催されている。

午後6時からの開催だが、
私は一足早く明るいうちに灯篭の見学に行ってきた。

各小中学校や高校の作品を始め、
幼稚園、保育園の可愛いものも多く飾られてあった。

公園にはヨーヨー釣りのコーナーや氷や焼き鳥などもあって、
ついそちらに足が向いてしまうが、ここはじっと我慢。

















いつもゆっくりと見てみたいと思いながら、
なかなか日程の関係でうまくいかない。

今日はゆっくりと見ることはできたが、やはり灯篭は夜がいいなと思った。


  


Posted by めだかの親分 at 18:24Comments(0)酒田十景

2016年08月13日

にいだ川新栄橋






(クリックで拡大画像表示)


2016年8月13日(土)お盆

朝早く起きて散歩&写真撮りに行ってきた。
昨日遅くまで起きていたのに、
夜中蚊に邪魔されて熟睡できぬまま起きてしまった。

朝から突き抜けるような青空が広がっている。
酒田市街地を流れるにいだ川にかかる新栄橋は、
酒田郵便局そばにあって新井田町(にいだまち)と東栄町(とうえいちょう)をつないでいる。
歩行者だけ渡れる便利な橋である。

一枚目は上流方向、鳥海山が真正面に見えている。
二枚目は下流方向、まっすぐに行って右に折れると山居倉庫がある。
三枚目は朝早くから釣りをしている人がいた。
何を狙っているのだろうか。
まさか大鯉を狙うわけでもあるまいが、大鯉はうようよ上から見えている。

この新栄橋のたもとには灯台型の擬宝珠(ぎぼし)が設置されている。
日和山にある木造六角灯台をモデルにしたものだろう。





あまり気づく人もいないのだろうが、
散歩をしている人が多く通る橋である。



  


Posted by めだかの親分 at 07:55Comments(0)酒田十景

2016年08月12日

鳥海高原家族旅行村の夏








(クリックで拡大画像表示)


2016年8月12日(金)

今日午前中に行った酒田市湯野台にある鳥海高原家族旅行村。
暑いこの時期、標高が高い分涼しいかなと思うが、
残念ながらそれほど気温は下がってはいない。

キャンプ場がありキャビンがあって宿泊施設は豊富だが、
最近は野趣好みの人が少ないのか宿泊者は満員にはなっていないようだ。

小学校の自然観察宿泊などは盛んなようだが、
もう少し利用しても良さそうなものだと思う。

美しい花が咲きトンボを始めとした生物は豊富なこの地。
そば打ち体験などができる施設などもしっかりと整っている。

私は一番上にある心字池が好きでよく訪れるが、
子どもたちにとっては蜂や蚊、虻などがぶんぶん飛び回る、
あまり近寄りたくない場所なのかもしれない。
山には長袖と長ズボンが必須なのを小学校では教えていないのだろうか。











バックに見える鳥海山はここからは新山は見えない。
外輪山がまっすぐに見える位置にある。

子どもたちは芝生の上で走り回って楽しんでいた。
















  


Posted by めだかの親分 at 23:39Comments(0)酒田十景

2016年08月11日

飛島西海岸

2016年8月11日(木)

昨日行った酒田市飛島の西海岸。
昔は自動車の通れる道もなく一度山へ登りさらに山を下りるか、
渚づたいにぐるっと周るしか行くことができなかった。

ごつごつした岩の遠浅の岩礁がつづく西海岸は、
まさに日頃見たことのない飛島ならではの景色となっている。

荒崎海岸からゴトロ浜を通って、
賽の河原、海水浴場ととことこ歩いてみた。

遠くには御積島(おしゃくじま)と烏帽子群島(えぼしぐんとう)が見えたが、
光の関係で黒くしか映っていなかった。

賽の河原から海水浴場に続く遊歩道では、
柱状節理の珍しい岩肌を見ることも出来るが、
今にも崩れそうで恐い気持ちにもなった。

このような西海岸を掲載してみる。
まずは山の上から荒崎海岸へ向かう途中の道。



そして整備された荒崎海岸。
この時期はオニユリが咲いているはずだったが、すでに終わっていた。





右が御積島(おしゃくじま)、左が烏帽子群島。



ハマゴウのむらさきの花が満開だった。





賽の河原の歩きにくい丸い石ばかりの道。



海岸線の遊歩道。
柱状節理の岩肌も所々に見える。







ようやく到着した海水浴場。
ほんの一組テントに入って休憩中だった。






きれいな砂浜の海水浴場だが、
島で砂浜はここだけ。
よくもまぁこんなにきれいな海水浴場を作ったものだと感心した。


※写真はすべてクリックで拡大画像表示になります。







  


Posted by めだかの親分 at 18:58Comments(0)酒田十景

2016年08月07日

酒田市宮海の夏






(クリックで拡大画像表示)


2016年8月7日(日)

酒田市北部の宮海地区は海のきれいなところだ。
鳥海山から流れてくる日向川の河口にも当たる。

今年最高の気温となった今日の午前中、
宮海海水浴場を覗いて見た。

色とりどりのパラソルから飛び出して海で遊ぶ子供たちが、
いっぱいいた。

かたやすぐ隣に位置する酒田北港水路では、
何を狙っているのか暑い中釣り糸を垂れている人たちがいた。







青空が広がり、これぞ真夏の庄内浜だ。
熱風が一面に吹いていた。








  


Posted by めだかの親分 at 12:44Comments(0)酒田十景

2016年07月28日

踊る獅子人形


(クリックで拡大画像表示)


2016年7月28日(木)

酒田市南新町にある日和山公園。
この公園内にある日和山ひょっこり島売店におもしろい人形がある。

首からぶら下げた注意書きに、
「手をたたくと音に合わせて獅子が踊ります♪」と書いてある。

ほんとかなぁ?と手を叩いてみると、
確かに囃子に合わせてコミカルな動きで踊り出す。
その動きを見ているとつい微笑んでしまうほど楽しい。

注文した苺ミルク氷がとても美味しい。
リニューアルした売店で初めて休憩した。









公園東側日枝神社山門前にある売店は1軒が取り壊され、1軒は閉店になったまま。
その取り壊された跡に簡易テントの売店ができていた。





ポケモンGOのジムとポケストップになっている関係からか、
この暑い中、若い人が結構来ていた。






  


Posted by めだかの親分 at 17:42Comments(0)酒田十景

2016年07月28日

酒田山王森俯瞰図


(クリックで拡大画像表示)


2016年7月28日(木)

昨日酒田市中町にあるのぞみ内科に行ったとき写したもの。
駐車場は立体駐車場で5階に駐車したとき外を見ると山王森が一望できた。
あまりの見事さに思わずシャッターを切ったのだった。

右上には今年7月31日で閉館する光丘文庫が見える。
すぐその左側には山王亭の赤い色が見える。
閉店したキャバレー白バラや傘福でお馴染みの山王くらぶも見える。



(クリックで拡大画像表示)


ファインダーをすぐ左に動かしてさらに一枚写した。
今度は巨大なマンションが左側に見え、そのすぐ右には旧割烹小幡の建物も見える。

こんな風に上から見ると何だか楽しくなってくる。
昔の人は好んでこのような俯瞰図(ふかんず)を描いていたが、
何となく気持ちがわかってくるようで愉快だ。

薬をいただくまで半日を要する月一回の医者通いは今回も無事に済んだ。
心臓リハビリについて先生に聞くと「ある程度必要だが、無理はしないように!」。
いつもの決まり文句だった。

この「ある程度」がどの程度なのかがわからない。




  


Posted by めだかの親分 at 08:02Comments(0)酒田十景

2016年07月25日

鳥海山滝の小屋










2016年7月25日(月)

温度は急上昇し今年一番の32度まで上がった酒田市。
さすがに熱風に耐えられず涼しい山に逃げた。

酒田市八幡地区湯野台からさらに車道を進み終点まで行って登り始める。
最初の5分がとにかくきつくて喘ぎながらの登山となる。
私の場合は心臓リハビリも兼ねての登山である。

少しでも心肺機能が向上しないかと少しずつ登る。
アキアカネがひっきりなしにまとわりつく。
相当な数のアキアカネがいるようだ。

ようやく滝の小屋に到着したのは25分ぐらい経ってからだった。
すでに汗は迸るように流れている。

小屋の脇を流れる冷たい水で顔を洗うとホッとした。
持って行った麦茶をのどに流し込む。

小屋には誰もいなかった。
少しだけ中を撮影させていただいた。











中は昔私が泊まった頃とほとんど変わりなかった。
2階の布団が懐かしい。

登山などと大げさなものではないが、
私にとっては貴重な山とのふれあい。
今年もここまでくることができた。

もう少し回復すれば次は御浜小屋辺りまで行ってみたいと思う。
来年になるかそれとも今年行けるか。





アザミの花にハナアブがきて蜜を集めていた。
きれいな花だ。

 




  


Posted by めだかの親分 at 18:09Comments(2)酒田十景

2016年07月20日

酒田市大浜海岸




(クリックで拡大画像表示)


2016年7月20日(水)

酒田市大浜海岸は酒田本港と酒田北港の間に位置し、
昔は海水浴場として賑わっていたが、
北港開発とともにどんどん砂浜が減り今では写真のように囲まれた砂浜になった。

しかし、こんな狭い砂浜でも様々なイベントが行われている。
トライアスロンのおしんレースもここで行われる。
そのせいか毎年ボランティアでの清掃活動が盛んである。

酒田市街地から一番近い海の大浜海岸。
残念なのは地平線が見えないこと。

北港緑地公園脇の展望台から見るとかろうじて地平線が見えた。







  


Posted by めだかの親分 at 18:17Comments(0)酒田十景

2016年07月19日

梅雨晴れの南突堤

2016年7月19日(火)

昨日の海の日、最上川右岸にある南突堤では、
スズキを狙う太公望がズラッと並んでいた。

そして最上川を挟んで宮野浦側でも、
最上川真ん中付近ではゴムボートに船外機を付けた新兵器でも、
スズキを狙ってがんばっていた。

しかし、釣果は・・・









夕方近くなって太陽の光が水面に反射してとても眩しく見えた。
しかし、夏の夕方海からの風が心地よく吹いて散歩にはちょうど良いお天気だった。


  


Posted by めだかの親分 at 08:02Comments(0)酒田十景

2016年07月09日

酒田北港は梅雨でも釣り人多し






2016年7月9日(土)

朝からいつ雨が降ってもおかしくない、
まさに梅雨空の一日。

それでもここ酒田市宮海にある北港水路では、
親子連れの釣り人があちこちに釣り糸を垂れていた。

時には小型のアジが上がったりすると、
大きな歓声が上がるが、ほとんどは静かに竿を見つめていた。







こちらはすぐそばの宮海海岸。
宮海海水浴場では今年も海水浴客目当ての小屋の工事が進んでいた。

ほとんど風もなく、
波もない凪状態の宮海海水浴場には何やらオブジェクトが作られていた。
なんだろうか?

海水浴場開き辺りにもう一度きてみようと思う。


  


Posted by めだかの親分 at 18:12Comments(0)酒田十景

2016年07月01日

山王亭からの一望


(クリックで拡大画像表示)


2016年7月1日(金)

酒田市日吉町にある光丘文庫脇の山王亭に行ってきた。
ここは昭和59年11月に建立された比較的新しい東屋である。

入口脇にある説明書きには、

酒田市を一望できる絶好の場所に立てられた「山王亭」は中国様式の六角千鳥建築です。
昭和59年秋に市民各層からの募金と山王森の緑を育てる会会員の奉仕活動で完成したものです。
中国蘇州の名園「拙政園」の東屋がモデルです。

と書かれてあった。

確かにここからの眺望は見ごたえがあるが、
北方向が松の木などに邪魔されて見えないのが残念でならない。
鳥海山が見えないのだ。





上の写真がぎりぎり北方向のもの。
駅前のホテルが見えるがその手前は妙法寺などの寺の木々で遮られている。
おそらく昔は寺の木々がこんなに大きくなっていなかったのだろう。





上の写真は少し南へ移動したところ。
中町のマンションや本間病院の間にはマリーン5清水屋が見える。
右側の方にあるのはNTTだとすればその左の建物が今工事中の市役所か。





さらに南を覗くとホテルリッチ&ガーデンが見える。
その左には山新ビルや経済連ビルが見える。
さらに左奥にあるのは何のビルだろうか。

ところで真ん中に立つアンテナは何だろうか。
県漁協関係のものだろうか。
普段気にもしないアンテナがなにかわからない。

こんな風に遠景を眺めながらの独り言もまた楽しいものだ。






  


Posted by めだかの親分 at 18:18Comments(0)酒田十景

2016年06月22日

やまがた景観物語




2016年6月22日(水)

酒田市山居町にある山居倉庫。
けやき並木の入口左側に見慣れない小さな看板を見つけた。
これまた小さな字で、
私をそこに連れてってー「やまがた景観物語」おすすめビューポイント33と書いてあった。

山形県で昨年選定した県内33ヵ所のビューポイントのうちの一つが、
ここ山居倉庫なのだった。

知る人ぞ知るとはこのことで、
私などは情報に疎いものだから山形県で何をやっているのかなんて、
到底知ることなどなかった。

山形県のホームページには特設ページが設けられ、
県内33ヵ所の位置情報やその周りにある名所旧跡なども紹介されていた。

詳しくは下記のバナーをクリックしてもらえば見ることができる。







今日も大型観光バスが何台も駐車し、
けやき並木を歩く人が多くいた。

山形県内が揃って観光都市化することは、
大いに経済が流通していいことなのかもしれないが、
地元に住む人が知らないあいだに、
観光地になっていることに少し不安を感じてしまうのは私だけだろうか。

それにしても県内にこんなにビューポイントがあるなんて、
今更ながら私自身の情報の疎さにあきれてしまうが、
ひとつずつでも訪れてみたいと思う。


  


Posted by めだかの親分 at 17:59Comments(0)酒田十景

2016年06月20日

九木原公園の風




(クリックで拡大画像表示)


2016年6月20日(月)

朝の雷を伴った嵐はどこへ行ったのやら。
午後になると明るい陽射しが差し込んで急に蒸し暑くなった。
我が家の一階茶の間では湿度が80%を超えていた。

来月に開かれる会議の案内文書を配達するついでに、
酒田市宮野浦にある九木原公園に行ってきた。
ここは最上川、京田川が見える高台になっている。

心地よい風に当たりながら北方向の写真を撮った。
酒田市に何か所か指定されている眺望点にもなっている。

一番手前が京田川、そして河川敷のゴルフ場を挟んで最上川が流れている。
その向こうには酒田市街地があって、
お天気が良ければ鳥海山が見えるはずだが、今日は曇っていた。

以前は夏の花火大会は真正面で行われていたが、
今は少し上流域に変わってしまってあまりよく見えなくなった。

二枚目は少し西側の日和山辺りを写した。
こんもりと松林が写っている。





この九木原公園はこの眺望点が一番北側になる。
ここから南へずっと公園は続いている。
小学生が松林の公園に遊びに来ていた。








  


Posted by めだかの親分 at 18:13Comments(0)酒田十景