2012年05月25日

ふたつの無量庵

先日無量庵に行った記事を掲載したところ、
鶴岡にある同じ名前の『無量庵』と関係があるのでしょうか?
とのコメントをいただき、さっそく酒田市旭新町の無量庵さんを訪問。

注文したのは『エビ天ぶっかけそば800円』
11時30分開店なのを忘れて11時10分頃に伺ってしまいました。







てんぷらはエビ、ちくわ、なすの三種類です。
みんなさくさくでおいしい!
鰹節と大根おろしをいっしょに混ぜて食べるとすてきなハーモニーです。


ところで、この無量庵さんはもともと酒田市中町にある、
マリーン5清水屋さんにあったのだそうです。

その無量庵さんが清水屋を撤退し、鶴岡市に移転したのですが、
これが現在の鶴岡市羽黒町押口川端42-37にある『無量庵』さんです。
そして、清水屋で働いていた方が始めたのが酒田市にある『無量庵』さんでした。

看板の字体が同じなのも、清水屋で使っていたものを使ったからでした。
現在、蕎麦や麦きりの麺は全部鶴岡から運んでいるのだそうです。


どうやらこれで、無量庵2店舗のつながりがわかりました。

あらためて、店の歴史についてお話しを聞かせていただいた酒田の無量庵さんの、
店主(?)のおばさんにお礼を申し上げます。


しかし、一つのお店の歴史に触れ、いろんな経過があって感無量でした。
いや『しゃれ』じゃなく、感心しました。




同じカテゴリー(旨味)の記事画像
病院のパン屋さん
長榮堂の富貴豆
菓子舗龜屋(かめや)
銀竹(つらら)の中華そば
八森菓子店の四季の実「栗」
四十番の中華そば
同じカテゴリー(旨味)の記事
 病院のパン屋さん (2016-10-06 14:16)
 長榮堂の富貴豆 (2016-10-03 17:55)
 菓子舗龜屋(かめや) (2016-10-02 08:01)
 銀竹(つらら)の中華そば (2016-09-28 17:12)
 八森菓子店の四季の実「栗」 (2016-09-27 18:22)
 四十番の中華そば (2016-09-23 16:36)


Posted by めだかの親分 at 17:33│Comments(0)旨味
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。