2012年07月09日

待宵草と月

今日の朝、酒田市八幡地区湯野台へ行く途中の道端にあった待宵草(マツヨイグサ)。

小さい頃からこの花が月見草かなぁと思っていた花ですが、
本当の月見草は白花で朝方しぼむ頃には薄いピンクに変わる花でした。

待宵草(マツヨイグサ)も同属種で、やはり朝方になるとしぼんでしまいますが、
変色することはありません。

私が小さい頃には海岸端などで良く見かけましたが、
最近はほとんど見ることが無くなりました。
何かが原因でマツヨイグサの住みにくい状況になったのでしょうか。

釣りに行った帰り道、月に照らされて浮かぶ黄色の花は、
ふわふわとしてまるで幽霊みたいで気持ち悪い思い出があります。
でも、その後大人になって見てみると風情たっぷりのやさしさいっぱいの花でした。

昨年、最近見たことないなぁと思い、
あちらこちら探し回りましたが結局見つからず、
今日ひょんなところで見つけてしまいました。









※マツヨイグサの種類が多く、昔よく見たオオマツヨイグサなのかメマツヨイグサなのかはたまた別種なのか不明でした。




同じカテゴリー(植物)の記事画像
栗の実拾い
ガマズミの実
砂苔のあみだくじ
トクサのある庭
萩のたくましさ
アケボノソウ群落
同じカテゴリー(植物)の記事
 栗の実拾い (2016-10-06 08:03)
 ガマズミの実 (2016-10-03 08:02)
 砂苔のあみだくじ (2016-09-24 17:29)
 トクサのある庭 (2016-09-20 08:12)
 萩のたくましさ (2016-09-18 19:35)
 アケボノソウ群落 (2016-09-13 08:02)


Posted by めだかの親分 at 19:12│Comments(0)植物
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。