2012年07月16日

夾竹桃の祈り






酒田市内でも夾竹桃(きょうちくとう)の花が咲き始めた。
別の花かとも思ったが、白花一重咲の夾竹桃に間違いはなかった。

この花には敬虔な祈りの思い出がある。
私がまだ青年だった頃、広島へ向かったのは原水爆禁止世界大会へ参加するためだった。
かなり暑いのは承知していたが、
クマゼミが鈴なりに木に止まっていたのには驚いた。
シャワシャワシャワと暑く鳴いていた。

そして傍らにはこの夾竹桃の真っ赤な花が咲いていた。

広島平和記念資料館の中には原爆で焼けただれた背中の写真や、
人間のものとも思えぬ死体の写真など、
戦争の原爆の凄惨なできごとを伝えていた。
その後に見た夾竹桃の真っ赤な花。
夏の青空に鮮やかに咲き誇る姿はまるで炎のようにも見えた。

毎年8月を迎えると思い出す、夾竹桃の真っ赤な花。
今日私が見たのは白花、イメージはまるで違うが、
この竹の葉に似た葉を見ただけで思い出してしまった。

今年ももうすぐ8月が来る。
平和への敬虔な祈りの広島の夏が来る。




同じカテゴリー(植物)の記事画像
栗の実拾い
ガマズミの実
砂苔のあみだくじ
トクサのある庭
萩のたくましさ
アケボノソウ群落
同じカテゴリー(植物)の記事
 栗の実拾い (2016-10-06 08:03)
 ガマズミの実 (2016-10-03 08:02)
 砂苔のあみだくじ (2016-09-24 17:29)
 トクサのある庭 (2016-09-20 08:12)
 萩のたくましさ (2016-09-18 19:35)
 アケボノソウ群落 (2016-09-13 08:02)


Posted by めだかの親分 at 17:37│Comments(2)植物
この記事へのコメント
私は夾竹桃のピンクを鉢植えで咲かせています。
花の色に惹かれて買った物ですが、成長の早さには驚きます。
買った時に、どんな花なのか知りたくてググってみました。
毒があったのと、原爆の落ちた広島の地に、一番に咲いた花だと知りました。
せっかくの綺麗な花なのに、人間の都合で悪い印象を与えるのは悲しいと思いました。
Posted by cake at 2012年07月20日 10:10
★ cake 様

コメントありがとうございます。

夾竹桃の花はとても美しい、そして強い花だというのが私の印象です。
私が初めて見たのが広島で、周りの方から「これが夾竹桃だよ。」と説明されなかったら知らなかった花でもあります。
あの暑い夏、汗をかきながら広島市内を行進し「平和」について考え、
未熟だった私の頭の中に芽生えたのは「尊い命を守る」こと。
赤い夾竹桃の力強い葉や花はそんな私のイメージフラワーのようになっています。
Posted by めだかの親分 at 2012年07月20日 11:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。