2012年08月09日

岸辺の風景

今朝は、眩しい太陽に追い立てられるように起きた。
やはり暑い。

今朝の我が家の裏を流れる新井田川(にいだがわ)。
少し離れたところでちょいと撮影。







一枚目左後方には旧酒田商業高校があります。
緑の木々が太陽に反射して美しい。

二枚目は我が家のすぐ裏手にある跨線橋(こせんきょう)のところ。
こちらは木々はありませんが、岸辺の葦がみごとに繁茂している。

人間が住みやすくなるように護岸工事されたところと自然のままのところ。

どちらが良いなどと議論する気はありませんが、
岸辺の風景の違いを気付いてほしいなぁと掲載してみました。

虫や鳥などの生物が住みつく葦原(あしはら)は、ほとんど無くなりました。



同じカテゴリー(自然)の記事画像
芒(すすき)と風と
夕焼けの鳥海山
きのこの大群
赤い夕焼け雲
雨降りの宮海海岸
月光川河川敷から鳥海山
同じカテゴリー(自然)の記事
 芒(すすき)と風と (2016-10-04 17:06)
 夕焼けの鳥海山 (2016-10-02 17:38)
 きのこの大群 (2016-10-01 08:06)
 赤い夕焼け雲 (2016-09-29 18:02)
 雨降りの宮海海岸 (2016-09-28 13:26)
 月光川河川敷から鳥海山 (2016-09-27 08:43)


Posted by めだかの親分 at 07:53│Comments(0)自然
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。