2012年09月02日

日和山の松

今日は風があって、
日陰に入るととても涼しく感じる一日でした。

午前中の野球スポ少練習も終え、
午後から少しの時間酒田市の西部に位置する日和山を散策してきました。

9月に入ったとはいえ、日差しはまだまだ強く少し歩くと汗が滴り落ちてきました。
今日の日和山、豪快な松の枝ぶりが見たくてきたのですが、
雨も降らずに、少し乾き気味の松となりました。











昔、盆栽のお勉強をしていた頃、
この松の枝ぶり、幹肌や根張りなどに興味があって、
今でも大きな松を見ると自然の力強さに魅了されてしまいます。

ここ日和山は冬は北西からの猛烈な吹雪に見舞われるところです。
当然枝ぶりは斜めに押された形にならざるを得ません。
しかし、それでもなお雄大に天をめざして突き上げる枝には感心するばかりです。

痛めつけられる幹肌や地面をしっかり支える根張り。
どれをとってもじっくり見てみたい巨木がいっぱいありました。




同じカテゴリー(植物)の記事画像
栗の実拾い
ガマズミの実
砂苔のあみだくじ
トクサのある庭
萩のたくましさ
アケボノソウ群落
同じカテゴリー(植物)の記事
 栗の実拾い (2016-10-06 08:03)
 ガマズミの実 (2016-10-03 08:02)
 砂苔のあみだくじ (2016-09-24 17:29)
 トクサのある庭 (2016-09-20 08:12)
 萩のたくましさ (2016-09-18 19:35)
 アケボノソウ群落 (2016-09-13 08:02)


Posted by めだかの親分 at 17:11│Comments(0)植物
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。