2012年09月06日

オニヤンマの産卵

先日撮った貴重な写真をアップしていませんでした。

酒田市旧八幡町にある家族旅行村の奥に位置する湿地帯。
ここにはイトトンボをはじめ、貴重な動植物がいっぱい。
私が時々訪れては、うれしくなる瞬間をみつけることのできる場所でもあります。













風の穏やかな時間帯。
オニヤンマが尾を水の中に沈めて産卵をしていました。
なかなか止まっているところを撮るのが難しいオニヤンマですが、
産卵を写すことができるなんて、うれしいかぎり。

キンミズヒキやコウホネが見事な花を咲かせていました。



今日は朝から雷が鳴って、土砂降りの雨が屋根をたたきつけていましたが、
ようやくこの時間になって止んだようです。
ずいぶん涼しくなって、過ごしやすい一日になりそうです。




同じカテゴリー(生物)の記事画像
クツワムシかな?
見つめ合うトンボと素知らぬトンボ
庄内空港のカワセミ
コスモスと蝶
シラサギとパン
山王森のトンビたち
同じカテゴリー(生物)の記事
 クツワムシかな? (2016-10-07 08:02)
 見つめ合うトンボと素知らぬトンボ (2016-10-05 14:17)
 庄内空港のカワセミ (2016-09-30 17:20)
 コスモスと蝶 (2016-09-24 08:01)
 シラサギとパン (2016-09-19 19:11)
 山王森のトンビたち (2016-09-16 18:19)


Posted by めだかの親分 at 08:55│Comments(0)生物
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。