2012年10月19日

竜田川と紅葉






鶴岡木村屋さんの銘菓『竜田川』と『紅葉』。
秋になるとこの竜田川が気になって毎年買ってしまう。

竜田川は奈良県にある紅葉で有名な一級河川。
百人一首にある在原業平作の
『ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは』は有名な和歌。

落語にも『竜田川』というお話しがあるが、この和歌が最後のところで出てくる。
横綱竜田川と花魁千早(ちはや)の関係がおもしろい。

いろんな思いがあってこの和菓子は生まれたのだろうが、
真ん中に川が流れている和菓子も珍しい。

もう一つの『紅葉』は緑と赤と黄色で紅葉を表現したのだろうが、
単純に美しいと思う。
季節を敏感に感じ取る和菓子の世界が楽しく感じてしまう。






同じカテゴリー(生活)の記事画像
酒田市上草津
さかた産業フェア2016
新しい定期船とびしま
雨の北港水路
杭掛けでかくれんぼ
皮の小銭入れ購入
同じカテゴリー(生活)の記事
 酒田市上草津 (2016-10-05 20:49)
 さかた産業フェア2016 (2016-10-01 16:52)
 新しい定期船とびしま (2016-09-30 08:06)
 雨の北港水路 (2016-09-29 08:04)
 杭掛けでかくれんぼ (2016-09-26 16:07)
 皮の小銭入れ購入 (2016-09-25 14:17)


Posted by めだかの親分 at 07:18│Comments(0)生活
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。