2012年11月23日

日和山の冬支度

昨日お天気の良かったときに撮ったものですが、
今日の天気は最悪。
妻と娘はこの天気の中山形方面へ出発しました。
日帰り温泉旅行とか…。
私はひとりゆっくりお休みの一日です。

さて、昨日の午後。
お散歩がてら日和山を散策。
これから荒れる冬の日を前に急ピッチで冬に向かっての準備が進んでいました。







いや、このうさぎちゃんは冬支度といっても冬毛に変わってきて、
ふさふさなあったかな毛になっていただけですが、かわいいですね。
以前の棲家から移転して現在は白崎記念館の陰のところでひっそり生きています。











川村瑞賢さんの像は残念ながら囲いはなされていませんが、
周りの背の低い樹木はすでに囲いの中です。

ここは北西の強風が直接吹き抜ける一番強烈な場所。
それでも江戸時代の貿易王川村瑞賢はしっかりと海を見据え、
未来の酒田がどう変わるのかをじっと見つめる場所となります。




同じカテゴリー(自然)の記事画像
芒(すすき)と風と
夕焼けの鳥海山
きのこの大群
赤い夕焼け雲
雨降りの宮海海岸
月光川河川敷から鳥海山
同じカテゴリー(自然)の記事
 芒(すすき)と風と (2016-10-04 17:06)
 夕焼けの鳥海山 (2016-10-02 17:38)
 きのこの大群 (2016-10-01 08:06)
 赤い夕焼け雲 (2016-09-29 18:02)
 雨降りの宮海海岸 (2016-09-28 13:26)
 月光川河川敷から鳥海山 (2016-09-27 08:43)


Posted by めだかの親分 at 08:13│Comments(0)自然
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。