2013年01月12日

素足の白鳥たち

今日の午前中、新井田川の中流域の一場面です。
場所は酒田市北新橋と旭新町の間あたり。
北新橋側からの撮影ですが、驚かすと悪いので隠れての撮影でした。

ここは新井田川と幸福川が分かれるところ。
どうしても泥が貯まり浅瀬が広がってしまう場所です。









気温の低い朝などは足を2本泥に直立に立て、
顔を自分の身体に埋めて眠っていましたが、ようやく起きだしたところです。
ここはちょうど風当りが弱まる窪地のような地形のために大群で集まってきたようです。

いつもはすいすい泳ぐ白鳥の姿ばかりに目が行きますが、
素足を出したこんな白鳥の姿もかわいいものです。

頭の黒っぽいのは若い白鳥かな?

鳥インフルエンザの関係からか見物人を見ることはほとんどありませんが、
生き物を見るのは本当に楽しい。
写真を見ながらみんな何話してるのかなぁと想像したくなります。





もちろん水面を優雅に泳ぐ白鳥もいましたよ。
これはこれで、白鳥らしくて美しさが際立ちますね。




同じカテゴリー(生物)の記事画像
クツワムシかな?
見つめ合うトンボと素知らぬトンボ
庄内空港のカワセミ
コスモスと蝶
シラサギとパン
山王森のトンビたち
同じカテゴリー(生物)の記事
 クツワムシかな? (2016-10-07 08:02)
 見つめ合うトンボと素知らぬトンボ (2016-10-05 14:17)
 庄内空港のカワセミ (2016-09-30 17:20)
 コスモスと蝶 (2016-09-24 08:01)
 シラサギとパン (2016-09-19 19:11)
 山王森のトンビたち (2016-09-16 18:19)


Posted by めだかの親分 at 18:48│Comments(0)生物
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。