2013年02月05日

汗だくの応急手当講習会

2013年2月4日午後1時30分

仕事での必要性から応急手当講習会に参加してきました。
酒田地区広域行政組合消防本部から2名の講師にきていただき、
懇切丁寧な説明と実際の一次救命処置を行いました。





実はAEDの講習は小学校やスポ少の関係で、これまで何回か参加したことがあります。
しかし、AEDの機種が増えたことと、最新の講習ということで、
中味がかなり変わっていました。

これまで『心臓マッサージ』と言う言葉を使ってきましたが、
実際はマッサージと言うより心臓を骨の上から圧迫することから『胸骨圧迫』に変更になっていました。
そうだよなぁ、胸を開いてもみもみするイメージだもんなぁ~

AED(自動体外式除細動器)が来るまでの心肺停止時の救命措置は、
『胸骨圧迫』と『人工呼吸』が基本です。

この『胸骨圧迫』かなり重労働で、1分間で100回のペースで行います。
30回胸骨圧迫をしたら今度は『人工呼吸』を2回行い、また30回胸骨圧迫を繰り返します。
この胸骨圧迫は心臓が止まっても血の流れを停めないためのとても大切な手当です。
人工呼吸をしなくても胸骨圧迫をしていれば、脳へ酸素が送られるのです。

AEDも何種類か実際に使用してみましたが、
身体の2ヶ所へ電極パッドを張り、スイッチを入れるだけの簡単な操作です。

やはり『胸骨圧迫』が非常に大切な応急手当なのです。
休むことなく動いている心臓が止まった時の手当ですから大変です。
救急隊がくるまで続けなければならないなんて、
やはり一人で行うには限界がありそうでした。

汗だくになりながらの講習でしたが、何回も繰り返し心肺蘇生の手順を行うことで、
かなり貴重な時間を過ごすことができました。



同じカテゴリー(生活)の記事画像
酒田市上草津
さかた産業フェア2016
新しい定期船とびしま
雨の北港水路
杭掛けでかくれんぼ
皮の小銭入れ購入
同じカテゴリー(生活)の記事
 酒田市上草津 (2016-10-05 20:49)
 さかた産業フェア2016 (2016-10-01 16:52)
 新しい定期船とびしま (2016-09-30 08:06)
 雨の北港水路 (2016-09-29 08:04)
 杭掛けでかくれんぼ (2016-09-26 16:07)
 皮の小銭入れ購入 (2016-09-25 14:17)


Posted by めだかの親分 at 12:16│Comments(2)生活
この記事へのコメント
知っててイイ講習会 みんなに教えたいブログ有難うございます
Posted by しゃくやく at 2013年02月05日 13:42
★ しゃくやく 様

コメントありがとうございます。

あまりブログネタにはなりにくい記事でしたが、あえて掲載しました。
AEDはかなり普及し、設置箇所も多くなっていますが、
実際に使える方はほんの一握りのようでした。

そして何と言っても胸骨圧迫の重要性を知ってほしいのですよね。
テレビドラマなどで時々見かけますが、予想以上に体力がいりました。
みんな汗をかきながらの講習で、ストーブを消したほどです。

しゃくやくさんもぜひ機会があれば参加してみてくださいね!
Posted by めだかの親分めだかの親分 at 2013年02月05日 22:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。