2013年09月23日

新井田川魚騒ぐ日








2013年9月23日午前11時

南東の風が強く吹く酒田市街地。
風が強い分空気が澄んで心地よく感じられる新井田川脇の散策路。

大きなダリアの花がまだ夏の名残を感じさせる。
遠く鳥海山が跨線橋越しに美しい姿を見せていた。

仕事前の散策はあまりがんばり過ぎると夜が大変なので近場で済ませるが、
今日は珍しい光景に出合った。













跨線橋下の光が当たるところに50cmは超えようかという鯉が数匹。
そして少し離れたところにも群れを成して泳いでいるのが見えた。

東側へ浜田橋を渡って行くと、今度は60cmはあるナマズが愛嬌のある顔を見せていた。
水温もだいぶ下がってきて太陽の光を浴びたいのか水面すれすれを泳いでいる。

スズキの稚魚だろうか、群れを成して岸辺近くの陽だまりに寄ってきていた。
いつもはボラの稚魚が多いのだが、頭の形はボラではなかった。

年に数回、こんな風に鯉の大群がゆうゆうと泳ぐ姿を見ることがある。
まるで何かを訴えるかのようにデモ行進でもしているみたいだ。







跨線橋の近くからの鳥海山と新井田川。
桜並木の紅葉ももうすぐだが、まだ緑がまぶしい。
赤とんぼが風に揺られながら必死に小枝に掴まっていた。







同じカテゴリー(自然)の記事画像
芒(すすき)と風と
夕焼けの鳥海山
きのこの大群
赤い夕焼け雲
雨降りの宮海海岸
月光川河川敷から鳥海山
同じカテゴリー(自然)の記事
 芒(すすき)と風と (2016-10-04 17:06)
 夕焼けの鳥海山 (2016-10-02 17:38)
 きのこの大群 (2016-10-01 08:06)
 赤い夕焼け雲 (2016-09-29 18:02)
 雨降りの宮海海岸 (2016-09-28 13:26)
 月光川河川敷から鳥海山 (2016-09-27 08:43)


Posted by めだかの親分 at 17:15│Comments(4)自然
この記事へのコメント
私も今、新井田橋から旭新橋にかけて、めだかの親分さんのうちの前をラズと散歩してきました。
風が強いですが気持ちのいい日ですの~。
ナマズも騒いでるからなんか嫌な気もすんでも大丈夫ですよの?
Posted by 仏壇屋のおばちゃん♪ at 2013年09月23日 17:24
★ 仏壇屋のおばちゃん♪ 様

コメントありがとうございます。

帽子を被らないと頭の髪がぼさぼさになるような風でした。
ナマズの顔は見ましたがゆうゆうと泳いでいましたので、たぶん地震は大丈夫じゃないかな?
Posted by めだかの親分めだかの親分 at 2013年09月23日 17:51
息子から、この川にはお魚いる?と聞かれ、いるんでろ?としか言えられませんでした。そう言えば、見たときないな。旦那は、鯉やボラはいっぜ!と、自信満々で答えていましたが、昔々釣りに行ったときあるので、答えたみたいですが(^^;)))実際!こうやって見ると、すっごい、大きい魚がいるんですね!感動~!息子に見せますね。
Posted by メリイメリイ at 2013年09月24日 06:24
★ メリィ 様

コメントありがとうございます。

せっかく市街地を流れている新井田川です。
親しみを持ってもっともっと知ってほしいと思います。

魚はかなりの種類にのぼります。
下流域から行くと、シノコダイ、ナナギリ、ハゼ、セイゴ、コチ、カレイなど。
実は新井田川は底の方を海水が流れ込んできています。
いわゆる汽水域みたいになっているんですね。

中流域には鯉、フナ、オイカワ、ウグイ、ドジョウ、ナマズ、金魚、亀など。

最近ではスポーツフィッシングなどと言い、釣ったらすぐにリリースする釣りもあるようですが、私にはどうもなじめません。

昔良く網で捕まえたイトヨが復活しないかと散歩しながら眺めています。
あれは春の風物詩でした。
Posted by めだかの親分 at 2013年09月24日 22:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。