2013年10月10日

カルガモの美しさ








2013年10月10日午後4時

酒田市飯森山にある土門拳記念館脇にある白鳥池。
大きな鯉目当てに親子連が多く訪れるこの池に、
今年生まれたばかりのカルガモが十数羽住み着いている。

天敵のいない白鳥池だが、それでも自然環境だけは容赦しない。

しかし、私が行った時なぜか、かるがもの一羽がいっぱいいる鯉をかき分け、
私に近づいてきてくれた。
陸へ上がり、毛繕いまで行いそしてまた水の中へ帰って行った。

この羽の模様はいったいなんだ。
あまりの美しさに私はじっと立ち止まったままだった。

自然界のこととは言え、私はこの美しさに生物の逞しさを見ることができる。
本当にうれしく思う。







ところで、なぜこのカルガモの集団の中に『キンクロハジロ』が一羽だけいるのか。
私の好きなこの真っ黒い鳥は、北海道では繁殖した記録があるが、
東北では繁殖した記録はない。

しかし、この時期このキンクロハジロを見ることができるのはうれしい。






同じカテゴリー(生物)の記事画像
クツワムシかな?
見つめ合うトンボと素知らぬトンボ
庄内空港のカワセミ
コスモスと蝶
シラサギとパン
山王森のトンビたち
同じカテゴリー(生物)の記事
 クツワムシかな? (2016-10-07 08:02)
 見つめ合うトンボと素知らぬトンボ (2016-10-05 14:17)
 庄内空港のカワセミ (2016-09-30 17:20)
 コスモスと蝶 (2016-09-24 08:01)
 シラサギとパン (2016-09-19 19:11)
 山王森のトンビたち (2016-09-16 18:19)


Posted by めだかの親分 at 19:59│Comments(2)生物
この記事へのコメント
カモ類が気になる季節になってきましたね。
昔、霞城公園のお堀でカルガモの羽拾いに夢中になりました。
自然の造形美、ですね。
キンクロハジロ、もう渡って来たんですね。見たいな~。
後ろ髪が、キンクロハジロ、になりませんでしたか?(←意味不明でしょうか??)
Posted by だいこん at 2013年10月10日 21:27
★ だいこん 様

コメントありがとうございます。

キンクロハジロの特徴は後ろ髪のキュートなところ。
もちろん意味はわかりますが、本当にこの時期渡ってきたのかな?
もしかして繁殖してはいないかと辺りを見渡してしまいました。

白鳥もすでに渡ってきて、今日も我が家の上を挨拶していきました。
渡りの季節なのでしょうね。
Posted by めだかの親分 at 2013年10月10日 22:32
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。