2014年02月12日

羽ばたく白鳥がいっぱい












2014年2月12日(水)

今日も一日日差しがまぶしかった。
夕方になってだいぶ冷え込んできたが、それでもずいぶん雪が溶けた。

新井田川に舞い降りた白鳥たちは今日も寝坊だった。
お昼過ぎにようやく飛び立ち餌を食べに行った。
おかげでこんなに身近に白鳥を見ることができる。

ここには鳥インフルエンザで危険だから餌を与えるなとか、
近寄るななんて看板はひとつもない。

ところで、白鳥の美しさはやはりその大きな白い翼にあるのだろうと、
羽を広げた白鳥を撮影に行ったら、あちらこちらでリクエストに応えてくれた。
いや、タイミング良く羽ばたく前の白鳥だったからのようだが、
やはり羽を広げたところはとても美しい。

この後かなり飛んで行っていなくなったが、
穏やかな日差しに白鳥たちもゆったりと休んでいた。





今日は久しぶりに鳥海山が大きく姿を見せてくれた。
いつもの新井田川にかかる未来橋から見上げたが、やはり雄大である。




同じカテゴリー(生物)の記事画像
クツワムシかな?
見つめ合うトンボと素知らぬトンボ
庄内空港のカワセミ
コスモスと蝶
シラサギとパン
山王森のトンビたち
同じカテゴリー(生物)の記事
 クツワムシかな? (2016-10-07 08:02)
 見つめ合うトンボと素知らぬトンボ (2016-10-05 14:17)
 庄内空港のカワセミ (2016-09-30 17:20)
 コスモスと蝶 (2016-09-24 08:01)
 シラサギとパン (2016-09-19 19:11)
 山王森のトンビたち (2016-09-16 18:19)


Posted by めだかの親分 at 19:03│Comments(2)生物
この記事へのコメント
一番上の写真、素敵ですね。羽ばたいた中央の白鳥の姿も抜群ですが、他の鳥たちの個性的なこと、良いシャッターチャンスにも恵まれました。
酒田も、せっかく餌付けに成功して沢山の白鳥たちが飛来するようになったのに、鳥インフルエンザが危ないなどと近づくのを禁止しました。
まぁ、野鳥の会の方々に聞きますと、餌付けはしない方が自然に反しないのだとか。(私はメチャメチャ自然に反しています。)
鳥インフルエンザのことを心配するのなら、渡りガラスを何とかして欲しいと思います。
Posted by cake at 2014年02月13日 09:19
★ cake 様

コメントありがとうございます。

暖かい日には一時間も白鳥を眺めていても飽きません。その位いろんな表情を見せてくれますね。人間が近づいてもあまり怖れませんから観察するには最適です。かわいいものです。

ところで鳥インフルエンザは白鳥だけではなく、いろんな種類の鴨や小型の野鳥でも、そしてお騒がせな渡りガラスだって同じなのに、なぜこうも扱いが違うのでしょうかね。

昔鶴岡に勤務していた頃、荘内神社や鶴岡南高などにいたカラスの糞害がひどかったですが、現在はだいぶ被害が減ったと報道されていました。酒田市では何か対策をする気があるのでしょうか?季節のことなのでいつもの傍観と決め込むのかな?
Posted by めだかの親分めだかの親分 at 2014年02月14日 09:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。