2014年02月24日

ハンター白鷺の嘴






2014年2月24日(月)

酒田市飯森山にある白鳥池。
土門拳記念館のすぐそばにあるがだれも白鳥池なんて言うのを聞いたことは無い。
以前は羽を痛めて飛べなくなった白鳥がいたが今は見えない。

この白鳥池の周りをぐるっと一周し、飯森山公園や山頂へ行くのが、
散歩コースの一般的なところ。
まだ残雪多きこの時期でも雪を踏みしめながら散策する人が多い。

いつもは大きな鯉が口をパクつかせている浅瀬も、
今の時期は深場で休んでいるのか集まってこない。
普通の静かな池だ。

ずっと遠い対岸に近いところに一羽の白鷺がいる。
何か小魚がいるのだろうか。
じっとする間もなく、すばやく動いて池面へ長い嘴を差し込む。
かすかに銀鱗が見えたかと思うと次の獲物をめざしてまた嘴を突き刺す。


実は以前もこのような光景に出くわしたことがあった。
何とか近づいて写真を撮りたいと思ったが、
見ての通り芒(すすき)が邪魔をして向こう側からは見えないのだった。

白鷺だって警戒心はかなりのものなのだろう。
私が近づくとふわりと羽を広げて空へ飛び立っていった。





同じカテゴリー(生物)の記事画像
クツワムシかな?
見つめ合うトンボと素知らぬトンボ
庄内空港のカワセミ
コスモスと蝶
シラサギとパン
山王森のトンビたち
同じカテゴリー(生物)の記事
 クツワムシかな? (2016-10-07 08:02)
 見つめ合うトンボと素知らぬトンボ (2016-10-05 14:17)
 庄内空港のカワセミ (2016-09-30 17:20)
 コスモスと蝶 (2016-09-24 08:01)
 シラサギとパン (2016-09-19 19:11)
 山王森のトンビたち (2016-09-16 18:19)


Posted by めだかの親分 at 19:23│Comments(0)生物
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。