2014年04月01日

エンガーディナー






2014年4月1日(火)

酒田市駅東のト一屋さんで売っていた見たことのあるケーキ。
そう旧松山町にある菓子舗櫻田さんの『エンガーディナー』だった。

タルト生地に挟まれた中にはクルミとキャラメルがぎっしり詰まった栄養満点のケーキだ。
保存もかなりきいて、1~2ヶ月位は十分日持ちがする。

ところでこのケーキの由来はずいぶん古い。
約200年前に、スイスのエンガディン地方の菓子職人がイタリアやフランスへと移住し、
何年か後に谷に戻ってきて、伝統のレシピを完成させたといわれている。

そんなすばらしいケーキを日本でも手軽に食べることができる。
じっくりと味わいながら食べないとバチが当たりそうだ。




同じカテゴリー(ケーキ)の記事画像
不二家ビュ-ティージュレ
小松屋の白桃タルト
夏のフルーツ杏仁
鶴岡木村屋夏のケーキ
ミルフィーユ
ピーチパイアップルパイ
同じカテゴリー(ケーキ)の記事
 不二家ビュ-ティージュレ (2016-09-06 08:04)
 小松屋の白桃タルト (2016-08-30 18:11)
 夏のフルーツ杏仁 (2016-07-26 20:11)
 鶴岡木村屋夏のケーキ (2016-07-19 18:08)
 ミルフィーユ (2016-05-28 20:34)
 ピーチパイアップルパイ (2016-05-11 21:12)


Posted by めだかの親分 at 18:57│Comments(0)ケーキ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。