2014年07月11日

ニホンカワトンボは初めて!






2014年7月11日(金)

時々青空が顔を見せる穏やかな日和だった。
酒田市旧八幡町をながれる荒瀬川沿いを散歩していて偶然見かけた珍しいトンボ。

名前は『ニホンカワトンボ』の一種だろうと思われるが、詳しくはわからない。
『オオカワトンボ』ではないかとぞくぞくしたが、良くわからなかった。

飛び方はハグロトンボのようにパタパタとあまり早くはなかった。
すぐそばにはハグロトンボもいた。





やはり黒光りするハグロトンボは美しいと思う。
いつまでも生きていられる環境であってほしい。


今日はもう一枚。
これまでもあちらこちらで見かけていたが、
なかなかうまく撮れなくていらいらが募るばかりだった『ネジバナ(モジズリ)』。
芝生などに鮮やかなピンクの花をつける、これでもラン科の花だ。





らせん状に咲く花が珍しくねじり花とも言われる。
可憐でかわいらしい花である。




※トンボの正体が判明。
 『ミヤマカワトンボ』が正式名称。私は初めて見たが、それほど珍しいものではないのだそうだ。日本で最大級のカワトンボらしい。渓流を棲家としている。



同じカテゴリー(生物)の記事画像
クツワムシかな?
見つめ合うトンボと素知らぬトンボ
庄内空港のカワセミ
コスモスと蝶
シラサギとパン
山王森のトンビたち
同じカテゴリー(生物)の記事
 クツワムシかな? (2016-10-07 08:02)
 見つめ合うトンボと素知らぬトンボ (2016-10-05 14:17)
 庄内空港のカワセミ (2016-09-30 17:20)
 コスモスと蝶 (2016-09-24 08:01)
 シラサギとパン (2016-09-19 19:11)
 山王森のトンビたち (2016-09-16 18:19)


Posted by めだかの親分 at 18:20│Comments(0)生物
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。