2014年09月16日

オオジシギ(大地鴫)の渡り






2014年9月16日(月)

昨日最上川河川敷を散歩しているとおもしろい鳥がいた。
嘴(くちばし)のながい鴫(しぎ)類だとわかったが、
家に帰って調べてみるとどうも『オオジシギ(大地鴫)』に近い。

群れを成しているわけでもなく、一羽だけ逃げもせず、
一定の距離を置いてこちらを見ている。
光の関係で見えにくい羽の色をしていたが、逆に回ってもそのまま餌を採っていた。

鳴き声を発することもなく約30cmほどの身体で草原にある種類(たねるい)やミミズなどを採っていた。

夏に日本・ロシアなどで繁殖をし、冬期になるとオーストラリアへ南下し越冬するようだ。
ほんのつかの間の酒田での生活なのだろうが、ゆったりしていってほしい。




同じカテゴリー(生物)の記事画像
クツワムシかな?
見つめ合うトンボと素知らぬトンボ
庄内空港のカワセミ
コスモスと蝶
シラサギとパン
山王森のトンビたち
同じカテゴリー(生物)の記事
 クツワムシかな? (2016-10-07 08:02)
 見つめ合うトンボと素知らぬトンボ (2016-10-05 14:17)
 庄内空港のカワセミ (2016-09-30 17:20)
 コスモスと蝶 (2016-09-24 08:01)
 シラサギとパン (2016-09-19 19:11)
 山王森のトンビたち (2016-09-16 18:19)


Posted by めだかの親分 at 07:19│Comments(3)生物
この記事へのコメント
この鳥、初めましてです。酒田でも、こんなに珍しい鳥がいるんですね。渡り鳥で、ちょっこし寄ったのかな?
気持ちに余裕がないと、見つけられないと思います。親分さんのブログで、いつも癒されますー!ありがとうございます♪
Posted by メリイメリイ at 2014年09月16日 10:34
うわぁ~  珍しい鳥を見させていただきました

こんな出会いがあると嬉しいですね

見てみたいなぁ
Posted by tan-tantan-tan at 2014年09月16日 11:31
★ メリィ 様

コメントありがとうございます。

なかなか見ることのできない鳥さんでも、足繁く通っていると会うこともあります。
渡り鳥ですからいつ南へ行ってしまうかわかりませんが、しばしの休憩でしょうね。




★ tan-tan 様

コメントありがとうございます。

身近なところに珍しい鳥さんんが結構います。
実はまだまだ掲載していない美しい鳥さんもいます。

偶然の出会いだけではない、まだまだ自然がいっぱい残されている庄内地方なのです。ただ、余裕がなくて見つけることができない人もいっぱいいます。

つい数年前までの私がそうでした。
Posted by めだかの親分めだかの親分 at 2014年09月16日 20:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。