2014年10月28日

実になる文章が書きたい!




2014年10月28日(火)

思うところがあって、少しジレンマにおちいっている。
何もあわてることもなければ急ぐこともないのだが、
年甲斐もなく先を見たくて足早になる時がある。

胸に棒が刺さったままのような感覚が一日中続く中で、
何とか仕事を続けているが、どうにもいらいらが募ってしょうがない時がある。

そんなときはあちこち散歩したり、いきなり立ち止まったりしながら、
気持ちは自然の中へと飛び込んでいこうとしたりする。

今日は疲れた。
遅番で夜10時頃家に着いて風呂に入る。
そしてビールを少しだけたしなんで、日和山で見た赤い実のことなどを思い出す。
黄色から赤。
きらきらと光る赤い色が懐かしくなる季節が近づきつつある。

何だかこの実のように輝く文章をじっくりと考えたくなってきた。





同じカテゴリー(植物)の記事画像
栗の実拾い
ガマズミの実
砂苔のあみだくじ
トクサのある庭
萩のたくましさ
アケボノソウ群落
同じカテゴリー(植物)の記事
 栗の実拾い (2016-10-06 08:03)
 ガマズミの実 (2016-10-03 08:02)
 砂苔のあみだくじ (2016-09-24 17:29)
 トクサのある庭 (2016-09-20 08:12)
 萩のたくましさ (2016-09-18 19:35)
 アケボノソウ群落 (2016-09-13 08:02)


Posted by めだかの親分 at 22:56│Comments(2)植物文芸
この記事へのコメント
わたしも、自分の歳も秋を迎えると、
なぜか、秋という季節は色々と想いを巡らし、
悲しくなったり、焦りだしたり、懐かしんだりしてしまいます。
Posted by 酒田人 at 2014年10月29日 14:56
★ 酒田人 様

コメントありがとうございます。

秋という季節が成せる技なのでしょうか。
変に感傷的になったり、困ったものです。
Posted by めだかの親分めだかの親分 at 2014年10月29日 22:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。