2014年11月19日

北平田から望む鳥海山


(クリックで別窓に拡大画像表示)




2014年11月19日(水)

青空に浮かぶ雲がとても多い日だった。
浮かんでいる雲を眺めているとどんどん変化していくのも良く分かった。
おもしろいもんだな、と車の中でしばし眺めていた。

ここは酒田市街地から東北へ行ったところにある北平田地区の漆曽根(うるしぞね)。
一枚目の写真の右下にある建物は旧北平田小学校である。
少子化の影響で東平田小学校、中平田小学校と三校合併で新しく平田小学校ができた。

鳥海山が雲間から漏れてくる光に当たりまぶしく見える。
その分手前の田んぼが暗く見えるが、本当はまだまだ明るい。

途中防風雪柵の設置作業が急ピッチで行われていた。
もういつ冬が来ても不思議ではないのだ。

雲があんまり多くなりすぎて青空の隙間が少なくなってきた。
この時期やはり日の光が恋しい。











同じカテゴリー(自然)の記事画像
芒(すすき)と風と
夕焼けの鳥海山
きのこの大群
赤い夕焼け雲
雨降りの宮海海岸
月光川河川敷から鳥海山
同じカテゴリー(自然)の記事
 芒(すすき)と風と (2016-10-04 17:06)
 夕焼けの鳥海山 (2016-10-02 17:38)
 きのこの大群 (2016-10-01 08:06)
 赤い夕焼け雲 (2016-09-29 18:02)
 雨降りの宮海海岸 (2016-09-28 13:26)
 月光川河川敷から鳥海山 (2016-09-27 08:43)


Posted by めだかの親分 at 18:08│Comments(0)自然
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。