2014年12月06日

山居倉庫の冬景色








2014年12月6日(土)

2014年も師走に入っていよいよ冬将軍がやってきた。
今朝起きて外を見ると、一面真っ白になっていた。
屋根に雪が積もり地面が雪で覆われると、雨のやかましい音が聞こえなくなる。
シーンと静まり返った朝だった。

さっそく起き出して山居倉庫へ行ってみた。
観光客が来る前の時間帯は、本当に静かな散歩道である。
但し、海からの冷たい風が吹きさらして、
写真を1・2枚撮って帰る人は結構いたりする。
ケヤキ並木は冬の風の通り道になっている。
木の枝に雪が絡みついていた。

表に回って幟を見ると「川かに汁」が目に飛び込んできた。
美味しそうだがまだ一度も食べたことはない。
まさか新井田川のカニだろうか?
モクズガニを叩いたものだろうか。
温まりそうだが、今度食べに来てみようか。






同じカテゴリー(酒田の歴史)の記事画像
熊野田橋
酒田本港と日本海
最上川とにいだ川
カフェスペースしまかへ
飛島の街並み
酒田甚句流しパレード
同じカテゴリー(酒田の歴史)の記事
 熊野田橋 (2016-09-22 08:04)
 酒田本港と日本海 (2016-09-18 08:02)
 最上川とにいだ川 (2016-08-21 08:21)
 カフェスペースしまかへ (2016-08-15 12:55)
 飛島の街並み (2016-08-10 20:53)
 酒田甚句流しパレード (2016-08-06 08:06)


Posted by めだかの親分 at 12:12│Comments(0)酒田の歴史
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。