2014年12月18日

依然として風強し






2014年12月18日(木)

昨日の夜あんなにがりがりと凍っていたのに、
今朝になったらぐちゃぐちゃ雪になっていた。
しかし、依然風が強くて家の屋根が吹っ飛びそうだ。

最上川にかかる出羽大橋と遠くに土門拳記念館を抱える飯盛山が見える。
最上川の白波が風の強さを現わしている。
そして秋には芋煮会で賑わった河川敷の遊具も雪にまみれている。
どれも西側に氷が張りついている。

荒涼としたこんな酒田の風景が本当の冬の酒田なのだと思う。
もうすぐすっぽりと一面雪原になる。
そうなってもどこかに西風の編み出す自然の姿が現れる。




同じカテゴリー(自然)の記事画像
芒(すすき)と風と
夕焼けの鳥海山
きのこの大群
赤い夕焼け雲
雨降りの宮海海岸
月光川河川敷から鳥海山
同じカテゴリー(自然)の記事
 芒(すすき)と風と (2016-10-04 17:06)
 夕焼けの鳥海山 (2016-10-02 17:38)
 きのこの大群 (2016-10-01 08:06)
 赤い夕焼け雲 (2016-09-29 18:02)
 雨降りの宮海海岸 (2016-09-28 13:26)
 月光川河川敷から鳥海山 (2016-09-27 08:43)


Posted by めだかの親分 at 14:02│Comments(0)自然
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。