2015年02月08日

もろみ地蔵さん










2015年2月8日(日)

今日も穏やかな日だが雲が多い。
我が家から徒歩で5分ほどのところ、
浜田小学校から旧新片町(北側駅前方面)へ行く細い小路の途中にあるお地蔵さん。

今は冬なので板塀で囲いをしているが、
そこには生けられたばかりの生花がお供えされていた。

2体あるお地蔵さんだが、誰云うともなくもろみ地蔵さんと呼ばれている。

言い伝えによると近くの筑後町の酒屋さんに毎日のように、
夕方になると笊(ざる)を持って醪(もろみ)を買いに来るお坊さんがあった。
お坊さんならばたいてい顔を知っているものだが見たことはない。
丸い顔をしたにこにこ顔で眉の丸いいかにもお地蔵さんのような顔だった。

あるときお坊さんが帰るあとをつけてみると、
地蔵堂のある細い小路へ入って行き、いつの間にか姿が消えていた。

あくる朝不思議に思って地蔵堂のお地蔵さんへ行ってみると、
口の周りに醪(もろみ)のついたお地蔵さんがあった。

それからと言うもの酒屋の主人は毎日夕方になると醪(もろみ)をお供えするようになった。
それ以来ぷっつりとお坊さんは来なくなったという。
そして酒屋はずいぶんと繁盛したと言う。

以前はこのお地蔵さんの前に休み石もあったそうだが、今は無い。
お地蔵さんは昔、新井田川を流れてきたのを堀切の藤井さんがお祀りしたと言われる。
藤井さんはその当時の大名主さんである。

私が小さかった頃はカタツムリのいる小路として良く捕まえにいったが、
今は周りの環境が変ってカタツムリはいなくなっている。





同じカテゴリー(酒田の伝説)の記事画像
館岩の謎
金生沢の獅子岩
せき止め様
庄内おばこの梢ちゃん
同じカテゴリー(酒田の伝説)の記事
 館岩の謎 (2016-05-04 19:25)
 金生沢の獅子岩 (2015-08-24 18:30)
 せき止め様 (2015-07-04 07:59)
 庄内おばこの梢ちゃん (2015-02-23 18:32)

Posted by めだかの親分 at 13:01│Comments(4)酒田の伝説
この記事へのコメント
あ!あそこだがな!わがる気する〜お話勉強なりました。
Posted by フラワー at 2015年02月09日 00:27
★ フラワー 様

コメントありがとうございます。

私は近所なので時々散策しますが、ふつうの人はあまり通らない小路になりました。
Posted by めだかの親分めだかの親分 at 2015年02月09日 22:42
あら、あのお地蔵さんて「もろみ地蔵」って云うながぁΣ(゚ロ゚;)
全然知らねけ(´Д`;)
あそこあだりは静がで、散策すんなさは案外いい穴場だよの(*^-゚)v
Posted by I太太I太太 at 2015年02月10日 11:27
★ I太太 様

コメントありがとうございます。

地蔵さんはあちこちにありますが、みんな何かしらの言い伝えがあるようです。
I太太さんの実家のすぐそばにあるお地蔵さんもそのうち紹介します。
Posted by めだかの親分めだかの親分 at 2015年02月11日 08:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。