2015年03月11日

最上川冬戻り








2015年3月11日(水)

最上川河口に3月とは思えぬ光景がやってきた。
西からの暴風と急な寒気のせいで波しぶきがそのまま凍っていた。

12月、1月の寒いときだって滅多にこんな光景は見られなかった最上川河口。
このまま春になりそうな気配だっただけに驚きの連続だった。

ぴゅーぴゅーと電線を揺らす強風程度ならいつもの冬と思うが、
そんなものじゃなかった。
まるで家がひっくり返るのじゃないかと思うほどの暴風だった。

羽越本線の電車は軒並みストップし、
昨日の高校入試本番では影響はなかったのだろうか。

そういえば今日は4年前大震災のあった日。
もうすぐその時間帯が近づいてきた。

この4年間、本当にいろんなことがあり過ぎた。
しかしそれでもへこたれずに今大地にしっかり足を下ろして生きている、
多くの人々がいる。




同じカテゴリー(自然)の記事画像
芒(すすき)と風と
夕焼けの鳥海山
きのこの大群
赤い夕焼け雲
雨降りの宮海海岸
月光川河川敷から鳥海山
同じカテゴリー(自然)の記事
 芒(すすき)と風と (2016-10-04 17:06)
 夕焼けの鳥海山 (2016-10-02 17:38)
 きのこの大群 (2016-10-01 08:06)
 赤い夕焼け雲 (2016-09-29 18:02)
 雨降りの宮海海岸 (2016-09-28 13:26)
 月光川河川敷から鳥海山 (2016-09-27 08:43)


Posted by めだかの親分 at 13:18│Comments(0)自然
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。