2015年03月19日

川岸富士男の世界展






2015年3月19日(木)

3月15日(日)から酒田市美術館で開催されている「川岸富士男の世界展」。
実は酒田市在住の画家「あべとしゆき氏」から案内のハガキが届き、
中味を確認してみると「あべとしゆき氏」の新作も同時に展示されているのだった。

あべとしゆき氏の絵は光と影の織り成すまぶしさの絵。
新作を見ても懐かしき風景を思い起こさせるすばらしいものばかりであった。

今回初めて目にした「川岸富士男氏」の絵は、
一瞬江戸時代盛んだった浮世絵を思い起こさせるような色使いであった。

しかし、実際はどれも精巧に手書きされたものばかり。
椿の花と四季の草花譜はどれも写真で撮ったものよりも美しいものばかりであった。

精巧精密な絵が多いために準備された虫めがね。
思わず私もひとつお借りして館内を回った。





同じカテゴリー(美術館)の記事画像
中井精也写真展「1日1鉄!」
ひさびさの本間美術館
佐藤真生の世界展「間(Ma)」
鷺の写真鑑賞
マリー・ローランサン展
春を迎えた踊り子像
同じカテゴリー(美術館)の記事
 中井精也写真展「1日1鉄!」 (2016-09-13 17:34)
 ひさびさの本間美術館 (2016-08-18 16:44)
 佐藤真生の世界展「間(Ma)」 (2016-08-03 08:03)
 鷺の写真鑑賞 (2016-07-29 08:02)
 マリー・ローランサン展 (2016-05-02 18:22)
 春を迎えた踊り子像 (2016-03-26 08:12)

Posted by めだかの親分 at 18:16│Comments(0)美術館
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。