2015年03月28日

赤は厄除け






2015年3月28日(土)

昨日行った山王森。
日枝神社の参道途中から左へ登って行くと小さな祠が二つ。
一つは浅間神社もう一つは八幡宮の真っ赤な鳥居にたどり着く。

何だかこの赤い鳥居をくぐると安心感があるのは私だけだろうか。
何かから守ってくれるのが鳥居なのだと教えられたことがある。
小さいながら厄除けだと言われる赤色がまぶしい。

昔からこういう横道にそれたところにある祠に興味があって、
ときおり寄り道をしてはおもしろい出来事にぶちあたる。
昨日は満開の白梅に出会うことができた。



そして満開の白梅に誘われてきていたメジロのグループと鉢合わせすることになった。
驚かせてはすまないと思い、抜き足差し足で近寄ったが、
この10cmほどしかないメジロを写すのはとても難しかった。



ホバーリングをして蜜を吸っているのを何とか撮りたいと思ったが、
これは桜の花が満開の時期にチャレンジすることにしよう。
相変わらずのまん丸オメメがかわいいメジロである。







同じカテゴリー(自然)の記事画像
芒(すすき)と風と
夕焼けの鳥海山
きのこの大群
赤い夕焼け雲
雨降りの宮海海岸
月光川河川敷から鳥海山
同じカテゴリー(自然)の記事
 芒(すすき)と風と (2016-10-04 17:06)
 夕焼けの鳥海山 (2016-10-02 17:38)
 きのこの大群 (2016-10-01 08:06)
 赤い夕焼け雲 (2016-09-29 18:02)
 雨降りの宮海海岸 (2016-09-28 13:26)
 月光川河川敷から鳥海山 (2016-09-27 08:43)


Posted by めだかの親分 at 08:08│Comments(0)自然
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。