2015年04月09日

森の色、光の色






2015年4月9日(木)

一日中良く晴れたわりにはそんなに暖かくなかった。
冷たい風がずっと吹いていた。

最上川河口近くを散歩しているとぼんやりと何かいるのがわかった。
あまり視力も良い方じゃないので望遠レンズをつけたカメラのファインダーから覗く。

かろうじて白い何かがいた。
まるで光色のように真っ白だった。
少しだけ近づいてこんにちはをしようと思ったら気づかれて飛んで行った。
ダイサギのようだった。

酒田市光ヶ丘にある万里の松原で見かけた百舌鳥(モズ)のメス。
この時期鳴き声はひっきりなしに聞こえるし、野鳥の翳(かげ)や気配もするが、
写真には収めきれないでいる。
何かがいるとしか言いようがない森の中。
森の色になりきっている百舌鳥は控えめな色である。



まだまだ寒いのに早くも蝶を見つけた。
名前も調べていないがこれもまた森の色そのものだった。



みんなそれぞれに何とか生き延びようと形作られた生き物たち。
目を凝らしながら探して歩くのも楽しい。





同じカテゴリー(生物)の記事画像
クツワムシかな?
見つめ合うトンボと素知らぬトンボ
庄内空港のカワセミ
コスモスと蝶
シラサギとパン
山王森のトンビたち
同じカテゴリー(生物)の記事
 クツワムシかな? (2016-10-07 08:02)
 見つめ合うトンボと素知らぬトンボ (2016-10-05 14:17)
 庄内空港のカワセミ (2016-09-30 17:20)
 コスモスと蝶 (2016-09-24 08:01)
 シラサギとパン (2016-09-19 19:11)
 山王森のトンビたち (2016-09-16 18:19)


Posted by めだかの親分 at 17:39│Comments(0)生物
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。