2015年04月17日

酒田の日本三大桜








2015年4月16日(木)

酒田市飯森山にある酒田市美術館の駐車場脇にある外トイレ。
そこからさらに階段を下りていくと、
銘板とともにみごとな三本の桜が咲いている。

三本それぞれ種類が違うのがおわかりだろうか?
いや、種類はすべて江戸彼岸桜だから特に違いはないのだろうな。

何が違うかというと産地が違うのだ。



日本三大桜は幹周りの太さから判断されたようだが、
その推定樹齢についても驚かされる。
どれも千年をはるかに超えている。

山形県長井市、山梨県、岐阜県とそれぞれ遠い地からやってきた桜たち。
私にはさっぱりその違いはわからなかったが、ほんの少し色が違うのがわかるだろうか。



一番右手前が山形県長井市「伊佐沢の久保桜」。
そしてその左側が山梨県武川村の「山高神代桜」。
一番左側が岐阜県根尾村の「根尾谷淡墨桜(うすずみざくら)」。

実際の古木から見て孫にあたるのか、ひ孫にあたるのかは定かではないが、
はるか遠い地で根を張り、しっかりと花開かせている姿を、
私はどんな気持ちで鑑賞すればいいのだろうか。

あまりのときの長さにしばし写真を撮るのも忘れていた。





同じカテゴリー(植物)の記事画像
栗の実拾い
ガマズミの実
砂苔のあみだくじ
トクサのある庭
萩のたくましさ
アケボノソウ群落
同じカテゴリー(植物)の記事
 栗の実拾い (2016-10-06 08:03)
 ガマズミの実 (2016-10-03 08:02)
 砂苔のあみだくじ (2016-09-24 17:29)
 トクサのある庭 (2016-09-20 08:12)
 萩のたくましさ (2016-09-18 19:35)
 アケボノソウ群落 (2016-09-13 08:02)


Posted by めだかの親分 at 08:16│Comments(0)植物
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。