2015年05月01日

一筆啓上








2015年5月1日(金)

大きさと言い色と言いスズメと似ているが、鳴き声はとてもまねができないほど美しい。
「ホオジロ(頬白)」はこの時期になると木々のてっぺんで大きな囀りを発する。
その節回しは独特で「ピッピチュ・ピーチュー・ピリチュリチュー」とかなり複雑。

日本語で言う聞きなしでは「一筆啓上仕候(いっぴつけいじょうつかまつりそうろう)」とか、
「源平つつじ白つつじ」などが知られるがなんだか無理やりつけたようでかなりきびしい。

土門拳記念館の駐車場入り口の騒がしいところで囀るホオジロを見上げていると、
周りの人もツラれて上を向いてくれる。
きれいな声ですね!
何という鳥ですか?

皆さん興味あるようでひとつひとつ答えていても、
相変わらずホオジロは美声を聞かせてくれていた。





同じカテゴリー(生物)の記事画像
クツワムシかな?
見つめ合うトンボと素知らぬトンボ
庄内空港のカワセミ
コスモスと蝶
シラサギとパン
山王森のトンビたち
同じカテゴリー(生物)の記事
 クツワムシかな? (2016-10-07 08:02)
 見つめ合うトンボと素知らぬトンボ (2016-10-05 14:17)
 庄内空港のカワセミ (2016-09-30 17:20)
 コスモスと蝶 (2016-09-24 08:01)
 シラサギとパン (2016-09-19 19:11)
 山王森のトンビたち (2016-09-16 18:19)


Posted by めだかの親分 at 18:20│Comments(0)生物
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。