2015年08月24日

金生沢の獅子岩






2015年8月24日(月)

酒田市東部にある東平田地区。
金生沢と書いて「とがりざわ」と読むところがある。

いろいろと言われはあるようだが実際この地を歩くのは初めて。
案内の看板に大きく書かれてあるように、
沢にあった獅子岩という大きな岩を掘ったところ金が出てきたことから、
金生沢と名付けられたらしい。

ところがこの看板のあるところから歩いて行くと、
円応寺の案内はあるものの獅子岩の案内はいっさいないのだった。

止むなく犬の散歩をしていたおじさんに聞いて見ると、
円応寺の上流に位置すると言われる。











円応寺入口から右に入り沢伝いに登ること約5分ほど。
左手に大きな岩の塊があった。

この岩が獅子の顔に似ているところから獅子岩と名付けられたらしいが、
実際にはイノシシの住んでいたほら穴だったことから獅子岩となったと言う説もある。

平田中学校の生徒の皆さんががんばって作成した金生沢の案内板。
やはりこの岩から金が出てきたことにした方が楽しみがある。

金生(きんしょう)神社跡地となっていたが、
現在金生神社は登り口が別になっており、
立派な鐘なども備え付けられていた。












車がようやく1台通れるくらいの細い路地。
オニヤンマがゆうゆうと縄張りの見回りをしているような静かなところだった。














同じカテゴリー(酒田の伝説)の記事画像
館岩の謎
せき止め様
庄内おばこの梢ちゃん
もろみ地蔵さん
同じカテゴリー(酒田の伝説)の記事
 館岩の謎 (2016-05-04 19:25)
 せき止め様 (2015-07-04 07:59)
 庄内おばこの梢ちゃん (2015-02-23 18:32)
 もろみ地蔵さん (2015-02-08 13:01)

Posted by めだかの親分 at 18:30│Comments(0)酒田の伝説
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。