2015年10月02日

鯉の中のナマズ








2015年10月2日(金)

昨日の酒田市飯森山にある白鳥池。
大きな鯉がいるのは皆さん知っているところだが、
中にはこんなにかわいいナマズのおじさんもいる。

優に50cmは超えているものの、
このナマズの孵化したばかりのかわいいものは見たことがない。
一体この池の生態系はどうなっているのだろうか。

農業用水に混じって入り込んだナマズが大きくなったはいいが、
繁殖することができずにそのまま大きくなったままというのが実体か。

鯉の幼魚はあちこちで見かけることができる。
トンボも種類が増え、ギンヤンマやオニヤンマもゆうゆうと飛び回る。
それなのになぜかナマズの幼魚が見当たらない。

実際には見えないところで繁殖しているのかもしれない。
先日見かけたスッポンのこともあるし、
これからもこの池は目を離すことができないほど楽しいことが多い。





同じカテゴリー(生物)の記事画像
クツワムシかな?
見つめ合うトンボと素知らぬトンボ
庄内空港のカワセミ
コスモスと蝶
シラサギとパン
山王森のトンビたち
同じカテゴリー(生物)の記事
 クツワムシかな? (2016-10-07 08:02)
 見つめ合うトンボと素知らぬトンボ (2016-10-05 14:17)
 庄内空港のカワセミ (2016-09-30 17:20)
 コスモスと蝶 (2016-09-24 08:01)
 シラサギとパン (2016-09-19 19:11)
 山王森のトンビたち (2016-09-16 18:19)


Posted by めだかの親分 at 08:04│Comments(2)生物
この記事へのコメント
こんにちは

昨日は午後からここの周辺をブラブラしておりました
ナマズもいるのですか

次回の楽しみですが見つけられるかなぁ
青大将はどの辺を住処にしているのでしょうか

怖さ半分、見たさ半分です
Posted by tan-tantan-tan at 2015年10月02日 10:37
★ tan-tan 様

コメントありがとうございます。

大口開けて餌をねだる鯉をかわいいと言う人がいます。
いや、気持ち悪いと言う人もいます。
小さな子どもにとって自分を構ってくれる鯉は友達のようなものなのでしょう。

ナマズもこのゆっくりとした動きがとてもかわいく感じます。
青大将は一番奥の少し離れた池周辺にいます。
寒くなってきたのであまり見えなくなってきました。
Posted by めだかの親分めだかの親分 at 2015年10月02日 22:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。