2015年10月03日

まつぼっくり




2015年10月3日(土)

写真は酒田市美術館近くで撮影した黒松のまつぼっくり。

松にまつわる言い伝えは多くあるが、
このまつぼっくりが2年で作られると言うのをご存知だろうか。

通常の植物は受粉すればその年に種子を作る。
しかし、松は受粉してから2年間でようやくまつぼっくりができ種を飛ばす。
2年間待つから「まつ」と言われるようになったと言う。

私が小学生だった頃はそんなことは何も考えずに、
まつぼっくりが落ちていると拾ってきては、
ボール代わりにして近くに落ちていた枝でぼかぼか打っていたのだった。

まつぼっくりにとってはえらい迷惑だっただろうが、
私はうっぷん晴らしにちょうどよかった。




同じカテゴリー(植物)の記事画像
栗の実拾い
ガマズミの実
砂苔のあみだくじ
トクサのある庭
萩のたくましさ
アケボノソウ群落
同じカテゴリー(植物)の記事
 栗の実拾い (2016-10-06 08:03)
 ガマズミの実 (2016-10-03 08:02)
 砂苔のあみだくじ (2016-09-24 17:29)
 トクサのある庭 (2016-09-20 08:12)
 萩のたくましさ (2016-09-18 19:35)
 アケボノソウ群落 (2016-09-13 08:02)


Posted by めだかの親分 at 08:12│Comments(0)植物
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。