2015年10月28日

酒田市民美術展




2015年10月28日(水)

酒田市飯森山にある酒田市美術館で開催されている「酒田市民美術展」。
今年で59回を数える市民にとっては馴染みの多い美術展である。

残念ながら力作を写真で撮ることはできないが、
しっかりと私の目に焼き付けてきた。

洋画は高校生6名を含め85点の応募。
その中には私が高校生だった頃の美術教師の作品もあった。
顔馴染みの人の作品もある。
近所の人の作品も見事なものだった。

日本画は12名21の作品。
そして彫刻は4名7作品。
銅版、紙人形など多彩な作品にあって、
パッチワークやステンドグラスなど大作も揃っていた。

木目込み人形や組ひもにいたってはプロ並の作品が多く、
ただただ感心するだけだったが、
ちぎり絵や押し花のような身近な作品はみていてほっとした。

焼き物や庄内さしこの作品は私には良し悪しがわからず、
ただ見て歩くのみ。

30日(金)までの展時期間だが、
入場は無料、思い切り楽しんでこれる美術展となっている。

それにしても入口まっすぐに飾られてある洋画。
女性の目がとても印象が強く、圧倒されるような作品だった。






同じカテゴリー(美術館)の記事画像
中井精也写真展「1日1鉄!」
ひさびさの本間美術館
佐藤真生の世界展「間(Ma)」
鷺の写真鑑賞
マリー・ローランサン展
春を迎えた踊り子像
同じカテゴリー(美術館)の記事
 中井精也写真展「1日1鉄!」 (2016-09-13 17:34)
 ひさびさの本間美術館 (2016-08-18 16:44)
 佐藤真生の世界展「間(Ma)」 (2016-08-03 08:03)
 鷺の写真鑑賞 (2016-07-29 08:02)
 マリー・ローランサン展 (2016-05-02 18:22)
 春を迎えた踊り子像 (2016-03-26 08:12)

Posted by めだかの親分 at 18:31│Comments(0)美術館
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。