2016年02月17日

黒森歌舞伎は雪の中








2016年2月17日(水)

今日は黒森歌舞伎の二日目。
先日からの雪のせいでまためっきりと厳しさが増してきた。
はて、どうしたものかと迷いながらもせっかくのお休みだからと顔をだしてきた。

今年の少年歌舞伎の演目は「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」。
吉田社頭車引の場。

平安時代の菅原道真(みちざね)失脚事件を題材に描かれる。
醍醐帝の御世、三つ子の兄弟がいた。
それぞれが使える主にほんろうされ、兄弟は敵味方に分かれての立場になる。

寒い中観衆は予想以上に多かった。
近くの保育園の子供たちも鼻水を流しながらじっと見ていた。
終わってほっとしたのか、玉こんにゃくをかじる姿が可愛らしかった。



未来はこの子たちも少年歌舞伎を演ずることになる。
知ってか知らずかみなたくましい子どもたちだ。

マスコットのクロモリンの宣伝もマイクで放送されていた。



本狂言「源平布引滝」九郎助住家の場は今の私にはとても持ちそうもなく、
そのまま引き上げてきた。
何しろ予定では午後5時ころまで延々と続くのだと言う。





同じカテゴリー(文芸)の記事画像
青いサメが見えるか
第7回酒田っ子俳壇
市役所に吉野弘コーナー設置
几帳面な吉野弘さん!
山根基世さんのお話
夜明けの橋
同じカテゴリー(文芸)の記事
 青いサメが見えるか (2016-02-13 08:02)
 第7回酒田っ子俳壇 (2016-01-27 18:56)
 市役所に吉野弘コーナー設置 (2016-01-12 18:05)
 几帳面な吉野弘さん! (2015-12-21 21:09)
 山根基世さんのお話 (2015-12-20 18:41)
 夜明けの橋 (2015-12-04 08:03)


Posted by めだかの親分 at 14:51│Comments(0)文芸
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。