2016年02月18日

鳥海山・飛島ジオパーク構想説明会





2016年2月18日(木)

先日浜田コミセンで開催された「鳥海山・飛島ジオパーク構想説明会」には、
夜7時からのはじまりだというのに約10名の住民が参加した。

この会場で実は26ヵ所目とのことだが、
あまり他でも集まりは芳しくなかった様子。

私が会場に顔を出した6時45分時点では私しかいなかった。
それから徐々に増え始めてようやく10名というところだった。

何しろまず言葉がわからない。
ジオパークのジオとは大地または地球、パークは公園。
直訳すれば鳥海山や飛島の大地を公園にしようということ?

早口でまくしたてる説明と大きな画面に圧倒されながらも、
これが何か我々と関係があるのだろうかとの疑問が湧きあがる。

鳥海山が噴火するのはおおよそ70年に一度。
その歴史では象潟方面に溶岩が流れていったようだ。
鳥海山頂上付近にある千蛇谷(せんじゃだに)渓谷の名前の由来。
などなど確かに興味深い知識を聞いたが、果たしてこれは何か関係あるのか。

飛島の歴史についても詳細な内容を聞くことができたが、
それが何か関係あるのか。
そもそも酒田市民で飛島に行ったことのある人間は何割いるのか?

まだまだ話のつながらない(私の頭の中で)内容を聞かされて、
混乱するばかりの説明会だった。





同じカテゴリー(自然)の記事画像
芒(すすき)と風と
夕焼けの鳥海山
きのこの大群
赤い夕焼け雲
雨降りの宮海海岸
月光川河川敷から鳥海山
同じカテゴリー(自然)の記事
 芒(すすき)と風と (2016-10-04 17:06)
 夕焼けの鳥海山 (2016-10-02 17:38)
 きのこの大群 (2016-10-01 08:06)
 赤い夕焼け雲 (2016-09-29 18:02)
 雨降りの宮海海岸 (2016-09-28 13:26)
 月光川河川敷から鳥海山 (2016-09-27 08:43)


Posted by めだかの親分 at 18:22│Comments(2)自然
この記事へのコメント
観光で税収と仕事を増やそうという作戦でしょう。
観光地は避けたい私には縁がなさそうです。
Posted by あの at 2016年02月19日 08:33
★ あの 様

コメントありがとうございます。

日本全国総観光地化のような状況になってるようです。
私もあまり縁がなさそうですが、興味のある分だけしばらく様子をみようと思っています。
Posted by めだかの親分めだかの親分 at 2016年02月19日 22:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。