2016年03月17日

矢流川溜池は鴨の隠れ家





(クリックで拡大画像表示)


2016年3月17日(木)

昨日行った酒田市生石矢流川(おいしやだれがわ)にある、矢流川溜池。
下流部の護岸にひっそりと佇んでいたのは竣功記念碑だった。

昭和4年10月に竣工された溜池は、
毎年秋にはいったん水を吐き出し底が見えるようになる。
そして春また農作業が始まる前までに満水の状態になる。

鳥海山南麓といえども以前は湧水があったようだが、
今は一部を除きそれほど湧水量は多くはなくなっている。
だからこそこの溜池を含めあちらこちらへ溜池が作られている。

この時期渡りの鴨たちはどんどん移動を繰り返しているようだが、
この溜池にはまだまだ相当数の鴨が羽を休めていた。



マガモが主流のようだがコガモやオナガガモも姿を見せていた。
夏になるとこの溜池は人が近づくことができないような状態になる。
蜂やアブなどが我が物顔でぶんぶん飛び回るようになる。

この時期は静かなものだ。
武士瀧神社の脇を通って少し奥まで歩くこともできた。







同じカテゴリー(酒田の歴史)の記事画像
熊野田橋
酒田本港と日本海
最上川とにいだ川
カフェスペースしまかへ
飛島の街並み
酒田甚句流しパレード
同じカテゴリー(酒田の歴史)の記事
 熊野田橋 (2016-09-22 08:04)
 酒田本港と日本海 (2016-09-18 08:02)
 最上川とにいだ川 (2016-08-21 08:21)
 カフェスペースしまかへ (2016-08-15 12:55)
 飛島の街並み (2016-08-10 20:53)
 酒田甚句流しパレード (2016-08-06 08:06)


Posted by めだかの親分 at 08:21│Comments(0)酒田の歴史
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。