2016年05月01日

八幡神社、飛澤神社例大祭






(クリックで拡大画像表示)


2016年5月1日(日)

今日は酒田市市条地区にある、
八幡神社(はちまんじんじゃ)と飛澤神社(とびさわじんじゃ)の例大祭。

江戸時代、大名行列の供先を務めた「奴」の姿に扮した若者たちが、
毛槍や挟み箱、棹などを手に町をくねり歩く「奴振り」や、
五穀豊饒を祈願する古式ゆかしい「流鏑馬(やぶさめ)」の行事が行わていた。

写真は八幡神社境内で準備していた流鏑馬のかわいい馬の姿。
毎年岩手県遠野市から借り受けて実施しているのだそうだ。

馬は良く訓練が行き届いているのか、
弓を射るときに発するびゅっという音にも慣れているようで、
耳のそばで音が鳴ってもびっくりする様子もなかった。

子どもたちは日頃見ることもない馬に触ることができて、
みな一様にかわいいと称賛の声を上げていた。

荒瀬川の土手まで行列は歩き、
馬の上に立ち上がっての流鏑馬の様子はまるで戦国時代にタイムスリップしたようだった。














同じカテゴリー(酒田の歴史)の記事画像
熊野田橋
酒田本港と日本海
最上川とにいだ川
カフェスペースしまかへ
飛島の街並み
酒田甚句流しパレード
同じカテゴリー(酒田の歴史)の記事
 熊野田橋 (2016-09-22 08:04)
 酒田本港と日本海 (2016-09-18 08:02)
 最上川とにいだ川 (2016-08-21 08:21)
 カフェスペースしまかへ (2016-08-15 12:55)
 飛島の街並み (2016-08-10 20:53)
 酒田甚句流しパレード (2016-08-06 08:06)


Posted by めだかの親分 at 18:08│Comments(0)酒田の歴史
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。