2016年05月03日

林の中も春の芽吹き




(クリックで拡大画像表示)


2016年5月3日(火)

昨日行った酒田市美術館の隣、
出羽遊心館の庭に入ると薄暗い林の中に緑の山野草が芽吹いていた。

ほんの少しの隙間に群落となって咲いていたのは、
クルマムグラ(車葎)の小さな白い花。
いや花よりもこのみどりの絨毯のような葉がすばらしいと思った。

車の車輪のように輪生する葉と群れる花の意味の葎(むぐら)が、
組み合わさっての名前のようだ。

次から次と芽吹く春の山野は宝の宝庫のようだ。
少し離れたところにはライラックの花が薄紫に染まっていた。
酒田市街地でも良く目にするが、
こんな山林に植林したのだろうか。










同じカテゴリー(自然)の記事画像
芒(すすき)と風と
夕焼けの鳥海山
きのこの大群
赤い夕焼け雲
雨降りの宮海海岸
月光川河川敷から鳥海山
同じカテゴリー(自然)の記事
 芒(すすき)と風と (2016-10-04 17:06)
 夕焼けの鳥海山 (2016-10-02 17:38)
 きのこの大群 (2016-10-01 08:06)
 赤い夕焼け雲 (2016-09-29 18:02)
 雨降りの宮海海岸 (2016-09-28 13:26)
 月光川河川敷から鳥海山 (2016-09-27 08:43)


Posted by めだかの親分 at 08:05│Comments(0)自然
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。