2016年05月12日

草原のひばり






(クリックで拡大画像表示)


2016年5月12日(木)

酒田市に河口を置く山形県内を流れる最上川。
その一番下流域にある河川敷。
ここはこの時期ひばりにとっては楽園となる。

伸び放題の草原もあれば、適度に刈り取られる短い原っぱもある。
風が強ければ陰に隠れて、餌の虫を探すときは短い原っぱへも行く。

もちろん揚げ雲雀(あげひばり)となって空中で思い切り囀りを始めるときもあれば、
地上に降りて騒々しい鳴き声を張り上げるときもある。

声はすれどもなかなか姿を撮れないでいたが、
ようやく私の前に姿を現してくれた。

頭にある冠羽(かんう)に特徴があるかわいい野鳥である。











同じカテゴリー(生物)の記事画像
クツワムシかな?
見つめ合うトンボと素知らぬトンボ
庄内空港のカワセミ
コスモスと蝶
シラサギとパン
山王森のトンビたち
同じカテゴリー(生物)の記事
 クツワムシかな? (2016-10-07 08:02)
 見つめ合うトンボと素知らぬトンボ (2016-10-05 14:17)
 庄内空港のカワセミ (2016-09-30 17:20)
 コスモスと蝶 (2016-09-24 08:01)
 シラサギとパン (2016-09-19 19:11)
 山王森のトンビたち (2016-09-16 18:19)


Posted by めだかの親分 at 08:08│Comments(0)生物
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。