2016年05月13日

シマヘビの巣


(クリックで拡大画像表示)


2016年5月13日(金)

酒田市飯森山に棲むシマヘビ。
毎年この場所で抜け殻を見つけたり実際に会ったりしていた。

今年もまた冬眠から目覚めたようで、
1.5mほどの長さの身体をくねらせながら休憩をしていた。

この近くには蛙も多く棲みエサには困らない。
しかし、問題はつがいとなる相棒がいるかどうか。
今までは見たことはなかった。

巣は穴を掘った地下にあるようで、
あちらこちらに蛇穴が見える。

散歩に行くと楽しみでいつも寄ってくるが、
やはり見かけるとうれしくなる。

今年も一年私に付き合ってくれることを祈って、
別れてきた。






同じカテゴリー(生物)の記事画像
クツワムシかな?
見つめ合うトンボと素知らぬトンボ
庄内空港のカワセミ
コスモスと蝶
シラサギとパン
山王森のトンビたち
同じカテゴリー(生物)の記事
 クツワムシかな? (2016-10-07 08:02)
 見つめ合うトンボと素知らぬトンボ (2016-10-05 14:17)
 庄内空港のカワセミ (2016-09-30 17:20)
 コスモスと蝶 (2016-09-24 08:01)
 シラサギとパン (2016-09-19 19:11)
 山王森のトンビたち (2016-09-16 18:19)


Posted by めだかの親分 at 08:07│Comments(2)生物
この記事へのコメント
こんにちは。



娘たちが開口一番に、めだかの先生大丈夫かまれなかったの?と血相が変わっていた。



爬虫類はニガテな娘たちだけど、プロのカメラマンにはないあたたかな画像に気持ちもほっこりしておりました
Posted by おとぉはん at 2016年05月13日 15:03
★ おとぉはん 様

コメントありがとうございます。

だいじょうぶです。
シマヘビはおとなしくてやさしいへびさんです。
アオダイショウみたいに木に登りもしませんし、毒もありません。
いつも道路の真ん中で自動車の犠牲になっているかわいそうなヘビです。

せっかく見つけた安住の地ですから、しっかり子孫を残してほしいな~と見守っているのです。
Posted by めだかの親分めだかの親分 at 2016年05月13日 17:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。