2016年06月26日

酒田市新町、海望楼




(クリックで拡大画像表示)


2016年6月26日(日)

写真は酒田市南新町にある現在でも旅館業を営むホテル2軒。
左側の松美屋さんの屋根の破風(はふ)に注目していただきたい。
昔の字で「海望楼(かいぼうろう)」とある。

その昔は花街で鳴らした新町界隈。
その名残なのだろう。

ところで酒田の紹介としてこんな文章がある。(『全国遊廓案内』より)
少し長文になるが引用を許されたい。
ここに残しておきたい気持ちもある。


『酒田町遊廓は山形県飽海郡酒田町字新町に在つて、羽越線酒田駅で下車すれば西へ数丁、乗合自動車は新町で下車する。酒田港は和船万能時代には有名な港だった。庄内平野は勿論、遠くは米沢置賜方面の産物を最上川の水運に依つて一手に引受けて、一大荷物の集散地であつた。今は玆が起点と成つて鉄道が四方に敷かれたので昔程では無く成つたが、依然として交通上の要路である事を失はない。有名な大地主本間氏の根拠地で、別邸の庭園等は可成豪壮を極めたものである。「本間様には及びも無いが、せめて成り度や殿様に」と云ふ里謡がある程だ。遊廓も昔から殷賑して、今町、船場町、高野濱の三ヶ所に在つたものであるが、明治二十七年の大震災後に三ヶ所全部合併して今日に至つたものである。現在貸座敷が三十一軒あつて娼妓は約百人居るが、秋田県及山形県の女が多い・・・娼楼は小川屋、門真楼、福田楼、常磐家、藤美屋、緑屋、越後谷、群芳楼、櫻屋、吾妻家、松村屋、本五楼、柿崎屋、吉田屋、出島屋、西村屋、明園楼、藤屋、下総屋、喜楽亭、海望楼・・・・・・』


さて、この一番最後のところにある海望楼がこの旅館のことか。
その名残をひっそりと残しつつ職業を変え営業を続けている。

私が高校生の頃、この日和山の近くを通ると、
怪しげな旅館街があったような気がしたものだが、
それは高校生を近づけなくするための一種のデマだったと思う。

今は酒田灯台などで観光地化された日和山がある。





酒田湊もずいぶん健康的になった。
この界隈の観光にちからを入れ始めてきている。







同じカテゴリー(酒田の歴史)の記事画像
熊野田橋
酒田本港と日本海
最上川とにいだ川
カフェスペースしまかへ
飛島の街並み
酒田甚句流しパレード
同じカテゴリー(酒田の歴史)の記事
 熊野田橋 (2016-09-22 08:04)
 酒田本港と日本海 (2016-09-18 08:02)
 最上川とにいだ川 (2016-08-21 08:21)
 カフェスペースしまかへ (2016-08-15 12:55)
 飛島の街並み (2016-08-10 20:53)
 酒田甚句流しパレード (2016-08-06 08:06)


Posted by めだかの親分 at 18:34│Comments(0)酒田の歴史
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。