2016年08月03日

葛の花の芳香漂う


(クリックで拡大画像表示)


2016年8月3日(水)

新井田川や最上川、日向川、月光川とどこに行ってもつる性の葛(くず)が強い。
山裾などでは松の木や杉の木に絡みついて10mも伸びているところもある。

この葛の花が紫の美しい花びらを咲かせ始めている。
そしてその甘い芳香は蜂だけではなく私をも酔わせてくれる。

この葛の花は実は秋の七草のひとつだが、
まだ夏真っ盛りのこの時期一番元気が良いようだ。

もっと目立つように咲けばいいものを、
陰に隠れるようにこっそりと咲く花は少しいじらしいところがある。

写真は月光川河川敷で見かけた葛の花。





タグ :葛の花

同じカテゴリー(植物)の記事画像
栗の実拾い
ガマズミの実
砂苔のあみだくじ
トクサのある庭
萩のたくましさ
アケボノソウ群落
同じカテゴリー(植物)の記事
 栗の実拾い (2016-10-06 08:03)
 ガマズミの実 (2016-10-03 08:02)
 砂苔のあみだくじ (2016-09-24 17:29)
 トクサのある庭 (2016-09-20 08:12)
 萩のたくましさ (2016-09-18 19:35)
 アケボノソウ群落 (2016-09-13 08:02)

Posted by めだかの親分 at 18:11│Comments(2)植物
この記事へのコメント
葛、きれいな花が咲くんですね!芳香もあるんですね!
昔ウサギを飼っていた頃、毎日子供と一緒に河原に葛の葉っぱをとりに行っていました。葛の葉っぱはウサギの大好物でした。
ウサギ、8年間飼っていましたが、一度も花を見たことなかったです。
今日初めてメダカの親分さんのブログで見ました!!
今度河原に行って本物を見てきたいです。見つかるかなぁ・・・?
Posted by だいこん at 2016年08月04日 00:56
★ だいこん 様

コメントありがとうございます。

ご無沙汰しておりますが、だいこんさんの記事もしっかりと楽しみに拝見させていただいております。

さて、葛の花の甘い芳香ははちみつの香りのようでうっとりしてしまうようなものです。そしてその花はむらさきの美しい色をしています。

ちょうど今頃がこの花の最盛期なのではないでしょうか。
ただし、つる性の植物なのであちこちにつるを伸ばして厄介この上ない植物となっています。

庄内では海岸にこのつるが生い茂り電柱のてっぺんまで占領されているのをよく見ます。

花はなぜか少し隠れたところにあるようですが、注意深く見ればすぐに見つかると思います。ただし毛虫には注意をしてくださいね。
Posted by めだかの親分めだかの親分 at 2016年08月04日 08:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。