2016年08月10日

飛島の街並み

2016年8月10日(水)

今日はお天気も良く風も収まったので飛島に行ってきた。
しかし、波は1.5m。
うねりが強くときおり船の窓には白い波しぶきがかかってきた。
誰も話す人もなく、ひたすら早く着かないかなぁとじっとしている人がほとんどだった。

唯一元気なのが子どもたち。
ゆれる船内を走り回っていた。

今回は飛島にある集落「勝浦」「中村」「法木」の街並みを写した。
まずは「勝浦集落」から。













そして「中村集落」。















少し離れて「法木集落」。
















この時期勝浦集落ではあちらこちらに普段見ることのないお店が出現する。
夏ならではのお土産売り場や食堂など、活気にあふれる。

春からこれで4回目になる飛島訪問だが、
これまではほとんど島民と会うことはなかったが、
さすがにこの時期は船から降りただけで、
旅館や民宿の幟を持った島民と会うことができる。

活気ある飛島を見るのはうれしい。
それ以上に私はこの青い空と緑の山々を見るのがうれしい。















同じカテゴリー(酒田の歴史)の記事画像
熊野田橋
酒田本港と日本海
最上川とにいだ川
カフェスペースしまかへ
酒田甚句流しパレード
酒田市新町、海望楼
同じカテゴリー(酒田の歴史)の記事
 熊野田橋 (2016-09-22 08:04)
 酒田本港と日本海 (2016-09-18 08:02)
 最上川とにいだ川 (2016-08-21 08:21)
 カフェスペースしまかへ (2016-08-15 12:55)
 酒田甚句流しパレード (2016-08-06 08:06)
 酒田市新町、海望楼 (2016-06-26 18:34)


Posted by めだかの親分 at 20:53│Comments(0)酒田の歴史
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。