2016年09月20日

トクサのある庭






2016年9月20日(火)

私が生まれたのは酒田市漆曽根の母の実家だった。
その農家の庭におもしろい植物があった。

それはストローのような棒状の緑の筒が、
にょきにょきと伸びてくるものだった。

何という名前かもわからないまま、
途中で引っ張っては捥いで(もいで)遊んでいた。

この草が砥草(とくさ)と知ったのはずいぶんあとだが、
砥石(といし)のような研磨するための植物だと知ったのは、
つい最近である。

酒田市飯森山にある出羽遊心館の庭に、
この植物をみつけたときは、
懐かしいのと珍しいのとで思わず写真を撮った。

きれいな水の流れる庭にあるトクサ。
我が家の庭にも少し欲しくなってきた。






同じカテゴリー(植物)の記事画像
栗の実拾い
ガマズミの実
砂苔のあみだくじ
萩のたくましさ
アケボノソウ群落
ツリフネソウ満開
同じカテゴリー(植物)の記事
 栗の実拾い (2016-10-06 08:03)
 ガマズミの実 (2016-10-03 08:02)
 砂苔のあみだくじ (2016-09-24 17:29)
 萩のたくましさ (2016-09-18 19:35)
 アケボノソウ群落 (2016-09-13 08:02)
 ツリフネソウ満開 (2016-09-12 19:02)

Posted by めだかの親分 at 08:12│Comments(2)植物
この記事へのコメント
おはようございます。

砥草と言うのですね、初めて知りました。
確か知憩軒さんの玄関脇にもあったような気がします。
独特の存在感、記憶に残る植物ですね。(^_^)
Posted by 畠山工務店・スタッフS at 2016年09月20日 10:01
★ 畠山工務店・スタッフS 様

コメントありがとうございます。

知憩軒さんには行ったことがありませんが、写真で見たことがあります。
確かに玄関脇にあったと思います。

あまり目立つ植物ではありませんが、興味のある人は良く見ています。

面白い植物であり、貴重な植物でもあります。
Posted by めだかの親分めだかの親分 at 2016年09月20日 18:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。