2016年09月26日

杭掛けでかくれんぼ






2016年9月26日(月)

山形県庄内地方の稲架(はさ)は杭掛けがほとんどだ。
私が小さかった頃は母の実家の手伝いで、
よく田んぼに行って稲運びをさせられた記憶がある。

しかし、途中で飽きてくると同じ年代の従弟などと、
この杭掛けの陰に隠れてかくれんぼをしたり鬼ごっこをして遊んでいた。

稲わらの匂いが日差しを受けて一層際立つのだった。

天日干し(てんぴぼし)の少なくなった現代、
この杭掛けを見るたびに懐かしくなってくる。

あの時も赤とんぼがいっぱい飛んでいたが、
イナゴはさっぱり記憶がない。
あの当時は農薬をいっぱい撒いたから少なかったのだろうか。
私の記憶もずいぶんいい加減になってきた。

写真は酒田市下黒川にある杭掛け。






同じカテゴリー(生活)の記事画像
酒田市上草津
さかた産業フェア2016
新しい定期船とびしま
雨の北港水路
皮の小銭入れ購入
飛島定期航路は欠航
同じカテゴリー(生活)の記事
 酒田市上草津 (2016-10-05 20:49)
 さかた産業フェア2016 (2016-10-01 16:52)
 新しい定期船とびしま (2016-09-30 08:06)
 雨の北港水路 (2016-09-29 08:04)
 皮の小銭入れ購入 (2016-09-25 14:17)
 飛島定期航路は欠航 (2016-09-22 17:11)

Posted by めだかの親分 at 16:07│Comments(0)生活
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。